Magnificent View #653
マーレ(モルディブ)

(C) R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 インド洋にあるモルディブは、およそ1200もの島々からなる国だ。200ほどある有人島のうち、約半数が1島1ホテルのリゾート島として開発され、残りはローカルが暮らす島となっている。

 リゾート島のほかにも、空港の島、工場の島、警察の島、ゴミ処理の島など、多くの島がそれぞれ1つの専門機能を持つモルディブ。ここマーレはまさに、「首都の島」。周囲1キロほどの小さな島に、政府機関や銀行など、近代的な建物がびっしりと並んでいる。

 「洋上の楽園」というイメージが強いモルディブだが、国民の3分の1近くが暮らすマーレは世界有数の過密都市。その人口密度は、東京の約10倍にもおよぶという。

 そんなにぎやかな街で出会うのは、バイクの波や、たくさんの荷物を積んだトラック、大きなカツオを抱えて港から市場に向かう漁師たち。ヤシの木が茂る白浜のリゾートとはまったく異なる顔を見ることができる。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.07.15(水)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!