Magnificent View #652
奥入瀬渓流(青森県)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 十和田湖の水があふれ出てできた奥入瀬川のうち、十和田湖畔の子ノ口から焼山までの、約14キロの区間が奥入瀬渓流。区間内の標高差は約200メートルあり、川の流れが変化に富んでいることで、景勝地として人気を集めている。

 渓流沿いは遊歩道が整備され、4時間半ほどのトレッキングコースも楽しめる。歩いて目にするのは、数々の滝や渓流の両岸に迫る断崖、豊かな植物。渓流は、ある場所ではゆるやかに流れ、ある場所では飛沫を散らしながら激しく流れ落ち、場所によってさまざまな顔を見せる。

 散策のコツは、下流から上流に向かって歩くこと。向かってくる流れを見ながら歩けば、より美しい景観が楽しめるからだ。

 国指定の特別名勝及び天然記念物にも登録されている奥入瀬渓流。新緑は5月と6月、紅葉は10月中旬から下旬にかけてが見頃となる。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.07.14(火)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!