マリー・アントワネットも愛した パリの王室御用達ショップ

マリー・アントワネットも愛した パリの王室御用達ショップ

仏王室御用達のコイン型チョコは
薬を飲みやすくするために生まれた

【CHOCOLATE】
Debauve & Gallais (ドゥボーヴ・エ・ガレ)

マリー・アントワネットの一言から名菓が誕生

歴史的遺産補充目録に登録されている本店。

 パリで最も古い歴史を持つショコラティエ。ルイ16世の王室薬剤師だったスルピス・ドゥボーヴは、1779年にマリー・アントワネットに新薬を届けた際に苦くて飲みにくいと言われたため、チョコレートで薬を包んで王妃に供することに。

 こうして生まれたコイン形のチョコレートは、マリーによってピストル(古金貨)と名付けられた。

<次のページ> シャルル10世やルイ・フィリップからも寵愛を受ける

2015.06.18(木)

文=原 正枝
撮影=稲垣岳彦

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2015年夏号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ