Magnificent View #583
モロ要塞(キューバ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 高さ20メートルもの城壁を誇り、カリブ最強の砦ともいわれたモロ要塞は、スペイン統治下の16世紀に築かれたもの。

 1519年以降、港を中心に都市が築かれたハバナは、貿易の主要な中継地として発展。カリブの富が集まる街は、フランスやイギリス、オランダから遠征する海賊たちの格好の標的となっていた。それらから街を守るべく築かれたのが、このモロ要塞をはじめとした、いくつかの要塞だ。

 1762年、イギリス軍がモロ要塞を襲撃し、1年にわたって占拠。一時的にハバナはイギリスの手に渡るが、その後、スペイン政府はフロリダと交換にこの地を取り戻し、さらなる要塞を建造して自衛力を高めた。

 砦としての役目を終えた現在、建物は灯台として使用され、観光スポットに。そこから見えるのは、真っ青な空と海、市街地の風景。旧市街からは、長さ約733メートルの海底トンネルを通って行くことができる。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.05.06(水)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!