ハワイウエディング特集

ハワイウエディング特集

永遠のロマンティック・ホテル 
ロイヤル ハワイアンで極上ウエディング

ワイキキビーチに優雅にたたずむピンク・パレス

 1927年、ヘルモアと呼ばれるハワイ王朝ゆかりの地に誕生した「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」。コーラルピンクの外観とムーア調建築の優美な姿は、「太平洋のピンク・パレス」とうたわれる、乙女心くすぐる憧れのリゾートだ。

かつてルーズベルト大統領をはじめ、ハリウッドスターや各界著名人が多く滞在した。
ココナッツグローブ・ガーデンを目の前にしたココナッツ ラナイに流れるゆるやかな時間。

 ロイヤル ハワイアンを創業したのはアメリカの商船会社。第一次世界大戦後の好景気に沸くアメリカからのゲストに、極上のバカンスを過ごす場所を提供しようと、贅を尽くしたリゾートホテルを建築した。

 当時アメリカ本土からハワイを訪れるには、蒸気船に乗って5~7日もかかったという。そこでゲストにハワイの風や緑を感じてもらおうと、当初は客室の半分以上がガーデンを望む設計だった。現在ではワイキキビーチエリアでは珍しい、広い緑のガーデンがリゾート内にあるのには、こんな理由があったのだ。

ロイヤル ハワイアンの象徴ともいえる円屋根。

 全400室で創業し、第二次世界大戦の歴史を乗り越えてきたロイヤル ハワイアン。随所にクラシカルな趣を残す「ヒストリック・ビルディング(本館)」に加え、2015年4月1日には全室オーシャンビューの「マイラニ・ロイヤル・ビーチタワー」がリニューアルオープン。椰子の木が揺れるガーデン、ワイキキビーチに面したレストラン、オーセンティックな本館ロビーなど、ウエディングシーンではこのリゾートすべてが祝福の舞台となる。

数多くの賓客が憩いの時間を過ごしたココナッツグローブ・ガーデン。鳥の鳴き声が心地いい。
ダイヤモンドヘッドを一望するガーデン。
開放的なビーチを背景にした挙式やパーティーももちろん可能。潮風と波音が祝福のBGMに。

<次のページ> リニューアルオープンしたタワー館の魅力

2015.06.23(火)

写真=ハワイ州観光局

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ