突然ですが……、“マタニティ服”と聞くとどういうイメージを持ちますか?

ウエスト部分が調節可能なゴム仕様に。タンクトップやキャミソールでちょうど隠れる長さ。

 ある人は赤ちゃんの誕生を待つ幸せオーラを思い浮かべるかもしれませんし、別の人はルースなシルエットのチュニックにレギンス、といったような具体的な洋服をイメージされるかもしれません。

 私の場合、妊娠がわかった時に、その言葉が持つ、なんだか淡いピンク色のような響きが無性にくすぐったく、さらに妊婦時代しか着られないなんてもったいないという気持ちも手伝って、「マタニティ服は買わないぞ」と思ったものです。

 そんな訳で、妊娠初期~中期は、なるべく人に悟られないようなファッションをと思い、しきりに隠すことばかりを気にしていました。今思えば、この時期はつわりなど、体調や気持ちの変化をうまくコントロールできず、ポジティブに過ごせていなかったのだと思います。

 けれど、ある時、「妊娠中だからこそ、似合うファッションがあるんだ」、ということにハタと気がついて。ふっくらと女性らしいヒップや期間限定の(!?)豊かなバストラインなど、マタニティならではのボディラインでしか楽しめないおしゃれもあるんだ、と。それからは、ノンマタニティの時にはあまり着ることのなかった服などに積極的にトライするようになりました。

この時期だから、似合う服がある!

 その頃からお世話になったMerrier BEAMSは、機能性とファッション性を追求したBEAMS発のマタニティライン。ノンマタニティのショップスタッフもこのラインを選ぶことがあるというくらい、おしゃれ心を満足させてくれ、産後でも着られるアイテムが揃います。

 写真は春から夏にかけて、ヘビロテした黒のショートパンツとツイードショートパンツ。「妊娠中にショートパンツ?」と思われるかもしれませんが、これが意外とバランスよく決まるんです。(普段はここまで丈の短いボトムには若干抵抗のある私でも、この夏はヘビーユースしました!)

 妊娠中に肌を隠そうと全身ゆったりした服を着ると、シルエットが緩くなってどうしても太って見えてしまうもの。短いパンツで足を出してしまった方がバランスよくきまるし、足もほっそり見えます。

 しかも、短い丈のボトムはロング丈トップスとバランスが取りやすいので、お腹を隠してくれるゆるトップスとも好相性。冷えが気になる人は、下にレギンスやタイツを合わせれば、心配無用です。足元はフラットシューズかペタンコサンダルで。

 このボトムがあったおかげで、手持ちのロングカーディガンなどと合わせて、幅広くコーディネートを楽しむことができました。

次のページ Merrier BEAMSの秋のイチオシをCheck

2011.10.12(水)
text:Izumi Watanabe