神々の島、バリの情緒を濃密に感じることができるエリアといえばやっぱりウブド。

 精霊が棲む森が広がる、伝統芸術の中心地。ウブド王宮周辺にはショップが軒を連ね、少し市街を離れれば素朴な風景が残っている。

 昔ながらののんびりした風情も残っているこの町で心穏やかに癒やされるひとときを満喫しよう。

» 第1回 話題のイタリアンはシェフもイケメン
» 第3回 ヨガ道場のカフェで平和な時間
» 第4回 新たなゴッドハンド、出現
» 第5回 美容と健康に伝統のジャムゥ

◆Bebek Tepi Sawah (ベベッ・テピ・サワ)
パリパリの食感がやみつきになる逸品

手前から、ベベッ・ブトゥトゥ Rp97,000 グリルクック・ファイティングチキン Rp62,500 テピ・サワ・クリスピーダック(ベベッゴレン) Rp92,500
バリ舞踊も楽しめる

 ウブドに行ったら味わってみたいのが名物のアヒル料理。特に皮をパリパリの素揚げにした“ベベッゴレン”は旨みも深くてごはんがすすみ、ビールのおつまみにも最高だ。

 この逸品メニューを堪能するなら、のどかな田園風景を眺めながら優雅に食事を楽しめる「ベベッ・テピ・サワ」がおすすめ。インドネシア大統領やジャワ王族もごひいきという名店だ。

Bebek Tepi Sawah(ベベッ・テピ・サワ)
所在地 Jalan Raya Goa Gajah, Br.Teges Peliatan, Ubud
電話番号 +62-361-975-656
営業時間 10:00~22:00
定休日 無休

撮影=福知彰子
文=矢野詔次郎

この記事の掲載号

アジアの美しき島

CREA Traveller 2015年冬号

【最新保存版】神々に愛された
アジアの美しき島

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2015年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。