神々の島、バリの情緒を濃密に感じることができるエリアといえばやっぱりウブド。

 精霊が棲む森が広がる、伝統芸術の中心地。ウブド王宮周辺にはショップが軒を連ね、少し市街を離れれば素朴な風景が残っている。

 昔ながらののんびりした風情も残っているこの町で心穏やかに癒やされるひとときを満喫しよう。

» 第2回 ウブド名物といえばアヒル料理
» 第3回 ヨガ道場のカフェで平和な時間
» 第4回 新たなゴッドハンド、出現
» 第5回 美容と健康に伝統のジャムゥ

◆Uma Cucina (ウマ クッチーナ)
センスのいい料理に美食家たちも大満足

美味! ジャンボオクトパスのグリル Rp120,000
26歳という若さ!

 美意識の高いゲストから支持される高級リゾート、ウマ by コモ ウブド内に2013年秋に誕生したダイニング「ウマ クッチーナ」が美食家たちの間で話題。

 バリの新鮮素材を巧みに取り入れながら、洗練されたイタリア料理に仕上げるシェフ、ニコラス・ラッツァローニさんの感性が素晴らしく、しかも26歳という若さに驚くばかり。聞けば、16歳で料理の世界に入り、確かな技を身につけてきた実力派。今、ウブドで最も華麗な美味を味わえる場所なのだ。

左:海老の炭火焼 Rp220,000
右:水牛チーズ“ブッラータ”ビーツ Rp130,000

Uma Cucina(ウマ クッチーナ)
所在地 Jalan Raya Sanggingan, Banjar Lungsiakan Kedewatan, Ubud
電話番号 +62-361-972-448
営業時間 12:00~22:30
定休日 無休

撮影=福知彰子
文=矢野詔次郎

この記事の掲載号

アジアの美しき島

CREA Traveller 2015年冬号

【最新保存版】神々に愛された
アジアの美しき島

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2015年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。