ぷるんぷるんのバクテー、ピリッと辛いバクテー

 豚肉の部位ごとに小皿で提供されるタイプがこちら。発祥の地、クランで主流のバクテーです。どの部位も飴色になるまでコトコト煮込まれていて、とにかく肉がやわらかい! インパクト抜群の豚足こと「豚脚」は、ぷるんぷるんでコラーゲンたっぷり。おすすめです。

クランの名店「毛山稿」のバクテー。小皿タイプで、「排骨」「大痩」のように豚肉の部位ごとに注文する。注文の際に言葉が通じなければ、厨房におじゃまして「コレ下さい」と食べたい部位を指すのがいい。
バクテーは、必ずごはんと中国茶をセットで頼む。金額はセットでだいたい10~15リンギ(330~500円)。茶葉は、烏龍、プーアール、鉄観音などから自分で選ぶ。
クラン発の「宝香(パオシャン)」は、クアラルンプールのショッピングモールの中に店舗を構えている。小皿タイプのバクテーが味わえる。

 そしてこちらが、注目株の「ドライバクテー」。スープは一切なし。スープ系バクテーの肉を取りだし、唐辛子、スルメイカ、オクラなどと一緒にフライパンで豪快に炒めます。牛肉のしぐれ煮のようなコクのある味つけで、あっという間にごはんが2膳はすすみます。

汁無しの「ドライバクテー」。真っ黒なのは中国醤油の色でしょっぱくはない。小皿タイプと同じクラン地方の名物で、クアラルンプールで提供している店はわずか。(写真提供:杉さん)

 さらに、めずらしいバクテーも紹介しましょう。マレーシア人はいったいどれだけバクテーが好きなのでしょうか!

<次のページ> 海老入りの海鮮バクテー、肉無しの素バクテー

2015.02.19(木)
文=古川音
写真=古川音、三浦菜穂子