楽しみながら学べる、優れもの!「タペストリーカレンダー」

 最近、息子や我が家に遊びに来る3歳前後の友達に人気なのが、息子のプレイスペースに飾っている、タペストリーカレンダー。

 タペストリーに面ファスナーが付いた数字や月、曜日のピースを貼りつけたり、天気や季節などを矢印で示したりしながら自分でカレンダーを作るというアイテムで、ピースをはがしたりくっつけたりすることで、「数字や日付や季節を、楽しみながら学べる」という可愛くてアイディア満点の優れもの。

 息子も友達も、びりびりとはがしたり、ぺたぺたと貼ったりするのが楽しい様子。指先を使って、貼ったりはがしたりすることは育脳にも効果があると、以前、息子が通っていた幼児教室で聞いたことがあるので、子供たちの成長にも大きく役立っているはず!

 我が家のタペストリーは英語バージョンなので、Sunday、Monday……と順番にピースを並べながら、楽しんで英語を学ぶことができ、天気を示す矢印を使って、夫「今日の天気は?」→息子「お日さま出てるから、はれだよー」など、親子のコミュニケーションにも一役買ってくれています。

 カラフルなフェルトや刺繍が可愛くて、ギフトにもぴったりでおすすめです。

一番上のラインに日付、曜日を選んで貼り付けます。右のクリアポケットには、子供の顔写真を入れても。商品は、「Maison du Muguet」という、フランスからの輸入雑貨を扱うオンラインストアで購入可能。

Maison du Muguet
URL https://maisondumuguet.stores.jp/

<次のページ> 愛らしいデザインが魅力の「布絵本」

2015.02.12(木)
文・撮影=渡邊和泉

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!