#043 Île des Pins
イル・デ・パン(ニューカレドニア)

本島発の日帰りツアーでも気軽に訪れることが可能

空の模様を映す、穏やかな水面が広がるオロ湾。

 ニューカレドニアの本島、グランドテール島の南に浮かぶイル・デ・パン。本島からのフライトが日に複数便あり、所要時間も約25分と近いため、日帰りツアーでも人気が高い島です。

クトビーチからカヌメラ湾へ抜ける道。時折、シトロエンがガタゴト音を立てながら走り抜けます。

 世界自然遺産に登録されたニューカレドニアの6つの海域のひとつが、ここイル・デ・パン周辺。

 選ばれた理由は、化石となった古代サンゴから今も成長を続ける造礁サンゴまで、幅広い年代のサンゴの森が繁茂し、そこに暮らす生物の多様性と、自然界の歴史の謎を解くヒントとなる存在であることから。ニューカレドニア全体の6割のサンゴ礁が世界遺産に含まれるのですが、その中でアプローチしやすいのが、この島になります。

オロ湾の眺めを好きなだけ愛でられるルメリディアン・イルデパンのパノラミックバンガロースイート。

<次のページ> ミクロン級にサラサラ、ふんわりとした感触の白砂

2015.01.31(土)
文・撮影=古関千恵子

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!