トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

ベトナムとカンボジアを縦断する
リュクスなメコン川クルーズを堪能

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、週替わりで登板します。

 第71回は、ベトナムとカンボジアを巡る、お楽しみいっぱいのメコン川ツアーについて大沢さつきさんがご紹介します。

2014年11月に就航したばかりのリュクスな船旅

メコン川を上るアクア・メコン。肥沃なデルタ地帯を形成する母なる川は、世界的にも豊かでバラエティに富んだ生物が生息するらしい。

 2014年の11月末に就航したばかり! というメコン探検クルーズから戻った友人に話を聞いてみた。2015年はベトナムがとても気になるので、メコン川クルーズはたいへん興味深い。

居住スペース優先&浅瀬の航行も考慮すると、かようにがっちりとした船体デザインに。流線型とはいかないが、乗ってしまえば見えないし何より居住性が重要。

 ただメコン川というだけでなくこのクルーズ、アマゾンリバークルーズで大人気のアクア・エクスペディションズのアジア版。アマゾンのさらに上行くゴージャス客船で、リュクスな船旅を提供してくれるというのだからチェックは必須。かなり魅力的だったようだ。

全室リバービューのスイートは快適そのもの。バルコニー付きの部屋まであって、完全リラックスのぐうたらスタイルで日光浴も可能なり。

 クルーズ「アクア・メコン」は7泊、4泊、3泊の3プランあるのだが、川の水位が低い12月~6月末の乾季は4泊、3泊のショートトリップのみ。4泊プランはベトナムのサイゴン近くのミトーからカンボジアのプノンペンまで、メコンを上る。3泊プランは逆に、プノンペンからベトナムのミトーまで下る。

 7月~11月末の雨季になるとロングトリップ、ショートトリップいずれも選べて、カンボジアの発着がシェムリアップとなる(3泊の場合はプノンペン~シェムリアップかプノンペン~ミトー)。友人はベトナムから4泊のクルーズをしたとのこと。

<次のページ> 総料理長を務めるのはミシュランのスターシェフ

2015.02.03(火)

文=大沢さつき
撮影=YUKI

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ