今日の絶景

今日の絶景

ベネズエラ大統領が改名を強行した
世界最大落差を誇る滝の名とは?

Magnificent View #484
エンジェルフォール(ベネズエラ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 エンジェルフォールは、落差が世界最大を誇る滝。979メートルというあまりの高さに、落下する水が空中で霧状に拡散してしまうため、滝つぼも存在しない。

 南米奥地のギアナ高地にあるこの滝が世界に知られるようになったのは、アメリカ人探検飛行家、ジミー・エンジェルが幅広く紹介してからのこと。美しい名前の由来は彼に因んだもので、「天使の滝」という意味ではない。

 ところが、この滝の名前をめぐって一騒動が起こる。2009年、当時のベネズエラ大統領だったウーゴ・チャベスが、滝の名を現地の言葉で「最も深い滝」を意味する「ケレパクパイ・メルー」に改名すべきだと主張。「多くの先住民は、発見者よりも以前からこの滝を見ていた」というのがその理由だ。

 だが、この名前は定着せず、結局、今も元の名で呼ばれている。

2015.01.27(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ