Magnificent View #480
モニュメントヴァレー(アメリカ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 モニュメントヴァレーは、ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称。高地の表面が風雨に削ぎ落とされできたテーブル形の台地や、浸食が進んだ岩山などが点在し、あたかもモニュメントが並んでいるように見えることから、この名がついた。

 青い空と赤茶けた荒野のコントラストが「アメリカの原風景」とも言われるモニュメントヴァレーは、1938年にはジョン・フォード監督によって映画のロケに使われ、以降、名画の数々がこの地で生まれた。

 以来、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』で主人公がタイムスリップするシーンや、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』など、ここで撮影された映画は数知れず。日本でもテレビコマーシャルの撮影で使われることが多ので、一度は目にしたことがあるかもしれない。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.01.23(金)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!