今日の絶景

今日の絶景

イタリアのカラフルな集落が秘めた
村人たちの粉骨砕身の物語とは?

Magnificent View #470
コルニリア(イタリア)

(C) Allyson Scott / Masterfile / amanaimages

 チンクエテッレは、地中海に面して点在するイタリア北西部の5つの集落の総称。ご覧の写真は、その中で一番小さい集落、コルニリアの景観だ。

 コルニリアは、チンクエテッレで唯一、海に接していない集落。海抜約100メートルの切り立った岬の上に、わずか250人ほどの住民が暮らしている。集落をぐるりと取り囲む段々畑は、ワインを作るための葡萄畑だ。

 電車を降りてから村の中心地まで行くには、三百数十段もある階段を昇るか、ミニバスに乗るしかない。そんなアクセスの不便さとは裏腹に、世界遺産として、ワインの産地として知られているコルニリア。厳しい環境と自然条件を克服して息づく村落の営みと景観が醸し出す美しさは、訪れる人を魅了している。

2015.01.13(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ