今日の絶景

今日の絶景

約900年前に枯れた木が姿をとどめる
砂漠の中のシュールな風景

Magnificent View #467
デッドフレイ(ナミビア)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ナミビアの大西洋側にあるナミブ砂漠は、約8000万年前に形成された世界最古の砂漠地帯。オレンジ色の砂丘が連なる景観から、世界一美しい砂漠ともいわれている。

 ナミブ砂漠の一角にあるデッドフレイは、かつて川が流れていた場所。川が氾濫し沼となり、その水が干上がったことで、ご覧のような景色が生まれた。白い地面は、川底に溜まった泥が固まってできたものだ。

 その地面の上に点在しているのは、約900年前に枯れた木々。枯れ木のまま姿をとどめているのは、極度に乾燥しているこの地には、木を分解する微生物がいなかったためだ。

 まるで時間が止まってしまったかのような、砂漠の中の不思議な光景。鮮やかな砂丘を背景にして枯れ木が佇む様子は、まるでシュールな絵画のようでもある。

2015.01.10(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ