ベルベデール展望台から見下ろす雄大なパノラマ

島一周道路の向こうにそびえるモーレア島のアイコン、バリハイ。

 モーレア島は一周約60キロ、ハトが翼を広げたような形をしています。首の部分にロツイ山がそびえ、両翼の付け根に穏やかなオプノフ湾とクック湾。

 オプノフ湾側には、映画『南太平洋』のモデルとなった通称“バリハイ”(モウアロア山)があり、コインの図柄にもなっているモーレア島の代名詞的存在。一方のクック湾側には伝説が残るモウアプタ山があります。

穏やかなクック湾。真っ白なクルーズ船が停泊していると、さらに絵になります。

 モウアプタ山の頂上付近に目を凝らすと、小さな穴がぽちっと開いているのが見えます。伝説によると、神様のヒロがモーレア島を盗もうと、タヒチ島から槍を投げました。槍を島に引っかけて、引き寄せようという魂胆。けれど、槍は勢い余って突き抜けてしまい、山に穴が開いてしまいました。その山を砕いた音に驚いたニワトリは大騒ぎ。そのためモーレア島ではニワトリが朝に限らず鳴いているとか。

中央にロツイ山、右にクック湾、左にオプノフ湾を望むベルべデール展望台。なぜか、私が行く時は晴れたためしがありません……。

 このクック湾とオプノフ湾、両方を一度に視界に収められるのが、高台にあるベルべデール展望台です。一周道路から内陸へ、野生のジンジャーが咲く道を走り、バニラ農園を過ぎ、急な山道を越えて行きます。ここからの眺めはモーレア島のハイライト! あまりにも雄大すぎて、一枚の写真に収まりきれないくらいのパノラマが広がっています。

日帰りもできますが、できれば滞在を。ヒルトン・モーレアラグーン・リゾート&スパでは、ハネムーナーに向けて、こんなステキなサービスも。

<次のページ> 山間のオフロードを走破する4WDツアーも面白い

2015.01.10(土)
文・撮影=古関千恵子