そんなにみゃーみゃー言ってません

ねむようこ

『午前3時の無法地帯』などでファン急増中の、ねむようこさん初のコミックエッセイ連載。単行本のあとがきマンガに出てくる自画像キャラ「ねむねこ」がとうとう主役を張ります! ゆるゆる~と、そして時にはざっくりと大胆に、笑いをまじえて名古屋の街や人をご紹介するご当地コミックエッセイです。(不定期連載)

※ 連載中は最新の3話を公開しています。

ねむようこ 近況

先日、見知らぬおじさんに「すごく増えるよ」と言われてもらった苗が、枯れました。

既刊本

プロフィール

1980年岐阜県生まれ。名古屋で漫画家として活動中。2004年、『フィール・ヤング』(祥伝社)でデビュー。同誌にて連載の『午前3時の無法地帯』 (全3巻)は、実体験を基にしたエピソードと魅力的な描線で描かれるキュートなキャラクターが支持され、現在は、2ndシーズンとなる『午前3時の危険地 帯』連載中。著書に『ペンとチョコレート』(芳文社)など。

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ