今日の絶景

今日の絶景

近年欧米での人気が急上昇中
霧が包むドミニカ共和国のリゾート

Magnificent View #411
プエルトプラタ(ドミニカ共和国)

(C) Dale Sanders / Masterfile / amanaimages

 ドミニカ共和国北部の街プエルトプラタは、年間の平均気温が24.5度と過ごしやすく、美しいビーチにも恵まれたリゾート地。日本人には聞きなれない地名だが、欧米各国では近年、人気のバケーション先でもある。

 この街は、海だけでなく、山の景色もなかなかのもの。ご覧の写真は、イサベル・デ・トーレス山からの眺め。ロープウェーで標高約800メートルの頂上に上れば、深い緑と、彼方まで広がる青い海を見渡すことができる。

 だが、その眺望も、天気がよければという条件つき。コロンブスが初めてこの山の付近を訪れたとき、山頂が霧に覆われて銀色に見えていたことから、一帯を「銀色の山」と名付けたという説もある。

 晴天はあまり期待できない、「霧の摩周湖」ならぬ「霧のイサベル・デ・トーレス山」。とはいえ、「霧のない摩周湖を見た人は結婚が遅くなる」というような都市伝説はここにはない。シングルの人でも安心して訪れることができそうだ。

2014.11.15(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ