1395年、イタリア北部にミラノ公国を建てた貴族ヴィスコンティ家のルーツはマッジョーレ湖の西岸にあるマッシノ・ヴィスコンティにある。この地で水運業を営み財を成し、ミラノに上っていったのだ。今でも邸宅、ヴィスコンティ城は残っている。

 同じ西側にあるストレーザが、マッジョーレ湖の観光の起点になる。遊覧船が発着し、湖を見下ろせるロープウェー乗り場もある。ルンゴ・ラーゴと呼ばれる湖岸沿いの遊歩道では、皆思い思いの姿で過ごしている。

» 第2回 ラグジュアリーなステイを手頃に 「グランドホテル・ファサーノ」

ヴィラ・エ・パラッツォ・アミンタ
Villa e Palazzo Aminta

朝から晩まで眺めていても飽きることのない景色を堪能

ストレーザのヴィラ・エ・パラッツォ・アミンタから夕方の眺め。

 「マッジョーレ湖で一番美しいのはストレーザ。特にここはイゾラ・ベッラとイゾラ・ペスカトーレが見られる絶好のポジション」と誇らしげに話すのは、ストレーザ生まれのオーナー、ロベルト・ザネッタ。

 確かにここからの眺めには、目を奪われる。朝から晩まで一日中見ていても飽きないだろう。灯りがついたボッロメオ諸島は、額縁に入れたいほどの忘れられない美しさだ。

2つあるレストランのうちのひとつ「ル・イゾレ」からも美しい湖畔が見渡せる。

 アミンタをロベルトが買ったのは2000年だが、この建物には長い歴史がある。元は1918年にイタリア海軍最高指令官、フランチェスコ・カピーチェが王立海軍より購入した建物で、その妻の名が付けられた。ホテルとしては、65年前にわずか7室と1つのバスルームでスタート。現オーナーが購入した際は3ツ星ホテルだったが、4ツ星クラスに改装してオープンしようと考えた。ところが、セレクトショップを経営するハイセンスな妻に、「やるのであれば、絶対5ツ星に。他と差別化しましょう」と背中を押され、現在のエレガントでゴージャスなホテルが完成した。

<次のページ> 至る所にヴェネツィアングラスのシャンデリアが

撮影=橋本 篤
文=編集部
コーディネート=大平美智子

この記事の掲載号

もうひとつのイタリア

CREA Traveller 2014年秋号

【永久保存版】ミラノから始まる
もうひとつのイタリア

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2014年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。