今日の絶景

今日の絶景

世界で最初に近代的な議会が
創設された意外な国はどこ?

Magnificent View #331
シンクヴェトリル(アイスランド)

(C) Macduff Everton / Corbis / amanaimages
大きな画像を見る

 アイスランドは、世界で初めて近代的な議会が創設された国だとされる。

 その歴史は、930年までさかのぼる。この年、各地域の代表が招集され、それぞれの意見を調整する場が設けられたのだ。身分に立脚せず、あくまでも民主的に運営されたこの会議は、アルシングと呼ばれる。

 その伝統は、ノルウェーやデンマークによる植民地化に伴う中断を経たものの、しっかり現在まで続いている。アイスランド国会の正式名称は、今なおアルシングなのだ。

 黎明期のアルシングが行われたのは、レイキャヴィク近郊のシンクヴェリトルという場所。この一帯は、国立公園として整備され、世界文化遺産にも登録されている。

 湖や滝、そしてギャオという名の大地の裂け目など、太古のまま残されたダイナミックな自然もまた見ものだ。

2014.08.27(水)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ