今日の絶景

今日の絶景

ハンガリー王の華麗なる宝冠を
展示するブダペストの国会議事堂

Magnificent View #317
国会議事堂(ハンガリー)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ハンガリーの首都といえばブダペスト。そのドナウ河畔にたたずむ国会議事堂は、この国を象徴する美しい建築物として愛されている。

 1885年に始まった工事が終了したのは1904年のこと。19年もの歳月をかけて完成したこの議事堂の外観は、イギリスのウエストミンスター宮殿などと同じく、ゴシックリバイバル様式を採り入れている。左右の全長268メートル、奥行き118メートルの威容は、観る者を圧倒し続けてきた。ことに、ドナウ川の対岸から眺める姿は美しい。

 一歩足を踏み入れれば、691室を擁する内部には打って変わってバロック様式による装飾が施されている。見逃してはならない展示物が、1000年から1948年までの長きにわたり、ハンガリー王が戴冠式の際に用いてきた聖イシュトヴァーンの宝冠。まばゆい宝石がちりばめられたこの至宝は、王国が歩んだ波瀾万丈の歴史を物語る。

2014.08.13(水)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ