楽園マウイで心をリセットする「至上のヒーリングスポット10選」

楽園マウイで心をリセットする「至上のヒーリングスポット10選」

マウイのイアオ渓谷に流れる
聖なる「四つの水」は身も心も癒す

#1 イアオ渓谷

ハワイの人々の間には、この渓流の水を赤ちゃんの産湯にする習慣も残っている。

 たゆまない水の流れを見つめていると、心が洗われていく。マウイ島の西側マウナ・カハーラーヴァイは、マウイ・ウエスト・マウンテンと呼ばれる連山の一部。イアオ渓谷の切り立った崖が空にむかって伸び、急な斜面の山並みはまるで緑色の緞帳のようだ。その渓谷を流れる水は、ナー・ヴァイ・エハー、つまり四つの水と呼ばれている。

 その四つの水は、ワイエフ、ワイカプ、ワイルク、ワイヘエ。現在は町の名前にもなっているが、もともとはその地域に流れた水の名前から生まれた地名だ。この四つの水が流れる四つの地に吹く、四つの風もそれぞれ名前を持ち、ハワイの人々に今も親しまれている。

 時代や場所を問わず、水は重要なものとして歴史を刻む。古代から神々や王家の者が聖なる場所と信じたイアオ渓谷は特別な存在。マウイ島のクムフラ(フラを中心にハワイの文化を継承する師、知識の源泉)のホークーラニ・ホルトによると、このイアオ渓谷はマウイ島の王家の者だけではなく、ハワイ諸島全体の王家の者が崇め、神々や祖先との繋がりを求め、また王家の者のもつ聖なる力を渓谷内に封じ込めるために、渓谷内の奥深くに埋骨を行ったそうだ。

 また、18世紀後半に、ハワイ諸島を王国として統一したカメハメハ王が、マウイ島に攻め入った際、マウイ島の王、カへキリ2世とその王家の者が戦った場所でもある。激しさを極めた戦いは、今もケパニヴァイの戦いとして語り継がれている。合戦の場でもあり、古来からの聖なる場所でもある渓谷で、感じることはそれぞれ。島に生まれ育った地元の人々がこよなく愛する場所であり、渓流で泳いでは夏の暑さをしのぐ人々、渓流沿いにたわわに実るグアバを食べる子どもたちや、神聖な植物を摘みにくるフラの踊り手が絶えない場所でもある。


【Access & Advice】
カフルイ空港からワイルク方面へ車で10分、ワイルクから渓谷へは車で10分程度。ワイルクの町から渓谷への道へ入ってすぐにベイリー・ハウス・ミュージアムがあり、マウイ島のハワイ文化を学ぶには最適。さらに進むと、ハワイへ移住した各国の移民の歴史を記念したヘリテイジ・ガーデンやケパニヴァイ・パークも見どころ。イアオ渓谷は道の終点。自然のなかで想いを馳せると、ハワイの人々の土地との結びつきの強さを感じる。

神宮寺愛(じんぐうじ あい)
ライター・コーディネーター・翻訳(英語・ハワイ語)・フラダンサー。出版社勤務後、フリーランスになり、日本文化とハワイ文化に親しむべく、学びの日々を続けてマウイ島在住14年目。13歳の娘とイタリア系アメリカ人のパートナーとの三人暮らし。雑誌への寄稿多数、著書『心と体がピュアになるハワイアンな暮らし』(青春出版社)など。

 

2014.08.18(月)

文・撮影=神宮寺愛

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ