京都で暮らす食いしん坊な方々に推薦していただいた、朝、ひる、晩のごはん処。

 言わずと知れた美食の都に数多ある料理店の中、通って太鼓判の老舗から話題のニューフェイスまで、間違いのない、とっておきの味をご紹介。

» [朝 その1] 河原町御池 「京料理 入舟」
» [朝 その2] 烏丸三条 「伊右衛門サロン 京都」
» [昼 その1] 御幸町四条 「懐石・宿 近又」
» [夜 その1] 祇園 「祇園 川上」
» [夜 その2] 下河原 「祇園 にしかわ」

■LUNCH
直心房 さいき 【下河原】

5,000円コースの前菜。山椒で炊いた鰻の八幡巻き、青梅、赤ワインでコンポートしたかんぴょうとクレソンの和え物など4、5品つく。

「丁寧な仕事が光る、京料理が味わえます」
……平松あゆみさん(フリーアナウンサー)

 堀川北山で名を馳せ、現在の下河原に移転して5年。祇園界隈の名料理店としてすっかり定着した「直心房 さいき」。才木充さんの料理はぜひとも夜のおまかせで楽しみたいところだが、京都ビギナーならばまずランチから。

 見目麗しい前菜に始まり、刺身、椀物、八丁味噌漬けの牛肉、土鍋で炊いたご飯、デザートなど、随所に京料理のおいしさを感じられるお値打ちコース。今年、本場フランスから「シュヴァリエ(シャンパンの騎士)」という称号を与えられ、前菜の空豆にしらすとチーズ(ペコリーノ・ロマーノ)を合わせた一品などとシャンパンやワインで和食とのマリアージュも楽しめる。

椀物は牡丹鱧と焼き茄子、白ずいき。野菜もおいしい。
八坂神社にほど近く、石畳のある京情緒あふれる地に佇む。

直心房(じきしんぼう) さいき
所在地 京都市東山区八坂神社鳥居前下ル弁天町433-1
電話番号 075-541-8630
URL http://www.kyoto-saiki.com/
営業時間 11:30~13:30(ラストオーダー)、17:30~20:00(入店)
定休日 不定休
予算 昼コース5,000円~、夜コース10,000円~
カード 可能
予約 可能

教えてくれたのは……平松あゆみさん(フリーアナウンサー)
フジテレビアナウンサーとして活躍後、結婚を機に京都に移住。料理教室を主宰し、本場パリで学んだ料理を教えている。

2014.07.29(火)
文=中野弘子
撮影=たやまりこ

CREA 2014年8月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

夏の京都でできること。

CREA 2014年8月号

食べて、寝て、遊ぶ!
夏の京都でできること。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!