Magnificent View #276
ジェンネの大モスク(マリ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 何とも不思議な風景である。佐々木マキの絵本にでも登場しそうな建物が、現実に存在したとでも言おうか。フリーハンドで描かれたがごときフォルムが、心を和ませる。

 ここはジェンネ。アフリカ西部の共和国、マリのニジェール川沿いにたたずむ古い街である。その旧市街は、1988年に世界遺産に登録された。

 そして、この交易都市のシンボルとなっているご覧の建物は、イスラム教のモスク。ニジェール川の泥から作られた日干しレンガで築かれている。

 その奥行きは75メートル、高さは20メートル。キャパシティは1000人を超える。

 まるでトゲのように外壁を覆う無数の杭状のものは、外に張り出したヤシの骨組み。年に一度、泥を塗り直す補修作業の際は、足場としても用いられるという。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2014.07.03(木)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!