気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

イスタンブールのフードシーンを牽引する
注目の女性シェフがオープンした小さな店

甘い香りに包まれたレストラン&ベーカリー

 ここ数年、イスタンブールのシェフ業界ではとりわけ女性の活躍が目覚ましいが、そのなかでもとくに評価が高いのが、「ロカンタ・マヤ(Lokanta Maya)」のディデム・シェノルだ。ニューヨークのFCI(フレンチ・キュリナリー・インスティテュート)で学んだエリートシェフの彼女が、マヤで大成功を収めたのちにオープンしたのが、メシュルティエット通りにあるこぢんまりとしたベーカリー&レストラン「グラム(Gram)」。

緑に挟まれた、この小さな入口ひとつ分が「グラム」。日よけ屋根に名前が書かれているだけ。

 当初はオープンキッチンを備えた事務所をつくる予定で借りた場所だったというこのお店、確かに入口はとても小さい。店名もあまり大きく書かれていないので、注意しないとうっかり通り過ぎてしまいそう。

香ばしい香りと共に目に入ってくる、美味しそうなマフィンやケーキ、ミニサンドイッチ。午後にもなると品薄になってくる。
オープンキッチンのビュッフェ。シェフの女の子たちも愛想がよくてキュート。

 それでも、入口から入った途端、目の前に並ぶブラウニーやケーキと、あたりに満ちる甘い匂いは瞬時に人を幸せにする。ディデムはブログのなかで「一歩入った途端、クッキーやシナモン、ヴァニラの香りに満ちたお店とかあるでしょう。ああいうのが大好き。それで、朝まだ暗いうちから下準備を始めて、コーヒーのいい匂いがするなかで焼きたてのブリオッシュにマーマレードを乗せて食べられるような……そんな夢を叶えるために、グラムをオープンしたのよ」と書いている。

 そんな彼女が夢に見ていたお店は、確実に実現されている。オシャレで予約なしでは入れないマヤとは異なり、グラムは暖かい雰囲気に包まれたアットホームなお店だ。マヤ同様、季節の食材を産地から、というモットーは健在なのでメニューは日ごとに変わる(ただしブラウニーは定番の人気メニューだ)。

<次のページ> 愛情をたっぷり注いだレストランメニュー

2014.06.19(木)

文・撮影=安尾亜紀

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ