いまや国民食と言われるほど、日本人の生活に根ざしたラーメン。濃厚豚骨魚介スープ、鶏白湯など、トレンドの変化はめまぐるしい。しかし、そんな今だからこそ食べたいのが昔ながらのシンプルな一杯。人々の暮らしにそっと寄り添う中華そばを探して米沢へ。

» 第2回 絶妙な味のバランスが好評の人気店 「熊文」
» 第3回 老舗の一杯はコク深いのに後味スッキリ 「五十番」

そばの店 ひらま

熟成と2回手もみで、個性的なちぢれ麺を実現

 米沢の市街地から車で約20分。田んぼが広がる田園風景の中にポツンと佇む。1960年、製麺所として創業。72年にラーメン店を開いた。使い込まれてはいるものの、隅々まで磨かれた清潔感ある店内で腕を振るうのは平間忠さん・光子さんご夫妻。カウンター向こうの厨房では、2人の息の合ったコンビネーションが見られる。

「夏は2日、冬場は3~4日と季節によって熟成期間を変えています」(忠さん)という麺はちぢれを強くきかせた細麺で、製麺後と茹でる直前の2回手もみを施す。茹で時間は1分未満。熱々を一気呵成にすするとツルツルとしたのど越しと、モッチリとしたコシが同時に味わえる。「さらさらの舌触りが大切なので、茹で湯は頻繁に取り換えています」(忠さん)という心遣いもうれしい。

「夏はつけ麺も人気ですよ」

 自慢の麺に合わせるのは、スッキリした中にも適度なコクと醤油の輪郭が感じられるスープ。鶏ガラと豚骨をベースに、煮干し、香味野菜などを加えてとったダシに、地元産の生醤油を数種類ブレンドしたタレを加えている。

 店主夫妻の温かい人柄と、丁寧な仕事ぶりが感じられる一杯だ。

そばの店 ひらま
所在地 山形県米沢市浅川1314-16
電話番号 0238-37-2083 
営業時間 11:20~16:00(スープがなくなり次第終了) 
定休日 水曜日
席数 カウンター12、テーブル12
予算 中華そば600円

2014.05.27(火)
文=坂本 愛
撮影=新居明子

CREA 2014年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

100の“おいしい”こと

CREA 2014年6月号

このレストランが凄い!
100の“おいしい”こと

特別定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!