急須で淹れるよりも栄養成分が摂取できる

 新茶のおいしい季節がやってきました。今回は、自宅でおいしいお茶が淹れられるお茶メーカーを紹介しましょう。

シャープ「ヘルシオお茶プレッソ TE-GS10A」
オープン価格(実勢価格約25,000円/税込)
URL http://www.sharp.co.jp/ocha/products/tegs10a.html

 このマシンの最大の特長は、茶葉をセラミック製のうすで挽いて粉末にできること。茶葉を粉末にしたほうが、茶葉に含まれるカテキンやクロロフィルなどの栄養成分をたっぷり摂取できるのだそう。ちなみに急須でお茶を淹れた場合、茶葉の栄養成分の約7割を茶がらとして捨ててしまっているのだとか。これはもったいない!

茶葉を挽いて粉末に!

 それでは緑茶を粉末にしてみましょう。

 本体右側に「お茶うす」をセットして、茶葉を上から入れます。

 付属のお茶スプーン1/2杯でお茶1杯分、1杯弱で2杯分が作れます。

 かなり少量でお茶が淹れられるので、コストも抑えられますね。

 茶葉を入れたら、上部の操作ボタンで分量を選んでスタートボタンを押します。

「お茶うす」の内部にあるセラミック製のうすがぐるぐると回転して、茶葉をゆっくりと粉末に挽いていきます。低速回転ですりつぶすことで、摩擦熱が防げ、茶葉の栄養成分をくずさずに挽けるのだそう。

 2~3分ほどできめの細かい鮮やかな緑茶の粉末が完成しました。

 ちなみに「お茶うす」は付属の掃除ブラシで粉末をかき落とすようにしてお手入れをします。セラミックのうすを水に濡らすと乾くまで時間がかかるので、乾いた布とブラシで掃除しましょう。

<次のページ> 温かい緑茶を淹れましょう

2014.05.09(金)
文・撮影=にしかわゆみこ

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!