Magnificent View #211
コリウール(フランス)

(C) Robert George Young / Masterfile / amanaimages

 コリウールは、地中海に面した南仏の小さな村。スペインとの国境まではわずか20キロほどということから、どこかカタルーニャ風の雰囲気も漂わせる。

 オレンジ色の屋根と紺碧の海が織り成すコントラストは、さまざまな芸術家たちの創造力を刺激した。ピカソ、ブラック、ドラン、デュフィ、そして藤田嗣治といった錚々たる面々が、まばゆい陽光の降り注ぐ最高の風景を求め、この街を訪れたという。

 さらに、美術史において大書すべき事柄がひとつ。コリウールは、マティスがフォーヴィスムの活動を始めた重要な場所なのである。

 海辺のみならず、曲がりくねった路地の連なる旧市街へと迷い込むのも面白い。スケッチブックを携え散歩したなら、画家の気分が味わえるかも。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2014.04.29(火)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!