今月のテーマ「先生と私」

【MAN】
師匠の強さを誰よりも知る弟子の不安が物語のキモ

 少年マンガは繰り返し、師匠と弟子の関係を描き続けてきた。弟子(少年)にとって師匠とは大人の象徴であり、憧れであり、いつか倒すべき最終目標でもある。インターネット発の大ヒットマンガ『ワンパンマン』は、少年マンガのさまざまなお約束を、なぞりながらもことごとく踏み外す。師弟関係についても、同様だ。

 ツルツルのハゲ頭で、赤い手袋とマントのついた黄色いスーツ。見た目は「○ンパンマン」ながら、あらゆる敵をワンパンチで倒す最強ヒーロー、その名は「サイタマ」。彼に弟子入り志願したのが、サイボーグのジェノスだ。修行の手合わせもするにはするが……この師弟関係は、弟子がひたすら師匠に尽くす。強すぎるが故に人々に誤解されてしまう師匠を、弟子は心配し守ろうとする。

 あまりにも強すぎるヒーローは、もはや人類の敵なのか? その強さを誰よりも知る、弟子の視点を取り入れたことが、このマンガの強み。

『ワンパンマン』 ONE+村田雄介

マンガ素人のONEが、ホームページに連載していた殴り描き状態の「ワンパンマン」。それを読み感銘を受けた『ジャンプ』マンガ家の村田雄介が、直に連絡を取りリメイク実現にこぎつけた。そんなレジェンドストーリーさえも味方に付けて、最強タッグは高みを目指す。
集英社(既刊5巻) 各400円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

<次のページ> 人気マンガ家の自叙伝は先生に対する後悔を描く

2014.05.05(月)
文=吉田大助

CREA 2014年5月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

たのしいガクモン

CREA 2014年5月号

そろそろ本気でお勉強!?
たのしいガクモン

特別定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!