進化するオーストラリアの魅力

進化するオーストラリアの魅力

世界のトップシェフの味を堪能 
メルボルンの実力派レストラン

カフェと公園の街 食の都メルボルン

 世界で一番住みやすい街と謳われるメルボルン。緑豊かな公園が点在し、クラシックな落ち着いた雰囲気が漂うガーデンシティだ。近年、この街に加わったのが「食都」という呼称。世界のトップシェフたちからも注目を集めるレストランが増えている。美食とおいしいコーヒーと、緑の中でのんびり過ごす時間を楽しみたい。

» 緑豊かな公園が点在するガーデンシティ メルボルン、カフェの街の歩き方
» メルボルンの街の向こうに広がる大地 ワイン・カントリー ヤラ・ヴァレーへ
» 自然派コスメからこだわりの食材まで おみやげ探しも楽しいメルボルン

» その他のエリアを見る

メルボルンが食都たる所以 世界のシェフも注目の1軒

Vue de Monde (ビュー・デ・モンド)

ジューッと焼けているのは、なんとカンガルーのお肉。さっと焼いてサーブされる。これがおいしくて驚いた。
左:ヘッドシェフのコリー。日本に旅した経験もあり、日本料理の影響も大きく受けているようだ。 右:オープンキッチンの気持ちのよい空間だ。

 有名グルメ誌「GOOD FOOD GUIDE」で、常に3シェフハット(ミシュランの星にあたる)を獲得、押しも押されもせぬトップ・レストランだ。若きヘッド・シェフ、コリー・キャンベル氏は、デンマークのノーマでも修業した経験を持つ。昼も夜も6品か10品のコースのみ。地元の食材を大切にしながら、スタッフの力を結集してクリエイティブな料理を創り出す。テーブルにはクロスはなく、中央に置かれた石の中には、塩、胡椒、バターが入っている。自然への敬意を表しつつ、お客様への感謝を忘れず、情熱を持って生み出す料理は、繊細だが力強く、食後感は軽やかだ。55階からのメルボルンを眺めつつの食事は、きっと充足感を与えてくれるに違いない。

左上:バラマンディ(川スズキ)の炭火焼き、レモンの皮、ワタ、果汁の3種を添えて。
右上:和牛のステーキ&オニオン。
左下:バラマンディのカマ焼き。食べ終えると、頭のほうから、頬肉を取り出してくれる。
右下:ミルクとクリーム、大麦のデザート。おまかせコースは200~250オーストラリアドル。

Vue de Monde (ビュー・デ・モンド)
所在地 Level 55, Rialto 525 CollinsStreet, Melbourne, Victoria,Australia
電話番号 +61-3-9691-3888
URL http://www.vuedemonde.com.au/
営業時間 12:00~14:00(火~金曜・日曜日) 18:00~21:00(月~土曜日)
定休日 無休
要予約

» メルボルンへのお得な旅情報はこちら

<次のページ> 特大アワビをしゃぶしゃぶに豪華なシーフード・ナイトを

2014.04.04(金)

撮影=鍋島徳恭、橋本篤
文=大沢さつき、渡辺紀子
協力=オーストラリア政府観光局

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ