モロッコ・マラケシュの新市街でドキドキの買い物&食事を楽しむ

モロッコ・マラケシュの新市街でドキドキの買い物&食事を楽しむ

モロッコならではの伝統工芸を
現代のセンスでアレンジした雑貨店

 モロッコのマラケシュは、「南方の真珠」と賞賛される美しい都市。

 この地でのショッピング第一歩は、こぎれいな新市街(ギリーズ)で。高感度なものが見つかるし、何より心安い定価販売が嬉しい。手強いスークでの買い物の前に、ちょっと肩ならしを。

» 第1回 おばあちゃん直伝の懐かしいモロッコ菓子
» 第3回 納得のモロカン雑貨はハイセンス&ハイクオリティ
» 第4回 29年間変わらぬ美味しさは、ママの味
» 第5回 イタリア料理はマラケシュでも大人気

L' Orientaliste (ロリエンタリスト)

パリ感覚で作られた使いやすい雑貨たち

ミントティーのグラスの七宝技術で作ったエスプレッソカップ70モロッコ・ディルハムやシュガーボウル240モロッコ・ディルハム、モロッコの自然素材を使いフランスのグラースで作られるオリジナルの香水も人気商品だ。

 ギリーズの中でも、おしゃれな店が並ぶリベルテ通りに2店舗構える人気店。こちらの店では食器から家具までのホームグッズを、別の店舗ではアンティークを扱う。マラケシュの伝統工芸を、いまのライフスタイルに合わせてアレンジした雑貨が好評。パリでファッションの勉強をしたというマダムのセンスが光る店だ。

左:銅と真鍮を使ったメタルワークもマラケシュの伝統工芸。西洋的ライフスタイルに合わせたアイテムに仕上げているので、日常に使いやすい。プレート450モロッコ・ディルハム
右:伝統柄をアレンジした陶器類は、縁のメタル使いがモダンでどこかモロッコ的。単色使いの器はどんな料理にも合いそうだ。
左:地下に広がるロリエンタリスト・ワールドには、ちょっと真似たくなるようなインテリアのヒントが満載。
右:マダムのエマニュエルはマラケシュ生まれのフランス人。両国の感性での物作りが素敵。

L' Orientaliste (ロリエンタリスト)
所在地 11 rue de la Liberté, Guéliz, Marrakech
電話番号 +212-524-434-074
営業時間 9:00~13:00、15:00~19:00
定休日 日曜日

※この特集に記載された情報は、2014年2月現在のものです。各観光名所や店は、定休日のほか休業することもあり、休日や営業時間は変更される場合があります。ホテル、レストランに掲載した料金には、別途サービス料、税などが加算されることもあります。車でのアクセス時間も渋滞などで大幅に変化することがあるので、あくまで目安としてください。

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2014年春号

完全保存版 陽出づる国より、陽沈む国へ
いつかはモロッコ
Maroc de fantaisie

本体933円
定価980円(~3/31税5%)/価格1008円(4/1~税8%)

2014.03.12(水)

構成・文=大沢さつき
写真=小野祐次
コーディネート=安田薫子

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2014年春号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ