モロッコ・マラケシュの新市街でドキドキの買い物&食事を楽しむ

モロッコ・マラケシュの新市街でドキドキの買い物&食事を楽しむ

おばあちゃん直伝のレシピで作る
素朴で懐かしいモロッコ菓子

 モロッコのマラケシュは、「南方の真珠」と賞賛される美しい都市。

 この地でのショッピング第一歩は、こぎれいな新市街(ギリーズ)で。高感度なものが見つかるし、何より心安い定価販売が嬉しい。手強いスークでの買い物の前に、ちょっと肩ならしを。

» 第2回 パリ感覚で作られた使いやすい雑貨たち
» 第3回 納得のモロカン雑貨はハイセンス&ハイクオリティ
» 第4回 29年変わらぬ美味しさは、ママの味
» 第5回 イタリア料理はマラケシュでも大人気

Pâtisserie Al Jawda (パティスリー アル・ジャウダ)

街一番のパスティヤを買うならこの店

3層構造のパスティヤのサクサク感がたまらない。鳩50モロッコ・ディルハム、チキン40モロッコ・ディルハム

 29年前、10種類の菓子からスタートした店は、いまや厨房だけで15人のスタッフを抱える繁盛ぶり。自然食材を使い、マダムが祖母より伝授のレシピで作る菓子はどこか懐かしく、滋味深い。評判のパスティヤは、モロッコの饗宴には欠かせない一品。この店には鳩とチキンの2種類あって、いずれもサクサク&ジューシーの美味しさ。15種類以上あるというホームメイドのジャムも人気で、お土産にもぴったりだ。

アーモンドやイチジク、デイツ、ゴマなどを使った菓子。オレンジフラワー・ウォーターやハチミツの入ったものも。好きな物を詰め合わせ500gで80モロッコ・ディルハムほど。
左:現在、店で作っている菓子は300種類以上。どの菓子を買うか悩ましいほどのラインナップだが、いずれも素朴な風味で食材の旨味が感じられる。
右:マダムはなかなかの経営者で、最近はケータリングもはじめたという。

Pâtisserie Al Jawda (パティスリー アル・ジャウダ)
所在地 11 rue de la Liberté, Guéliz, Marrakech
電話番号 +212-524-433-897
営業時間 8:00~20:30(日曜日9:00~19:00)
定休日 無休

※この特集に記載された情報は、2014年2月現在のものです。各観光名所や店は、定休日のほか休業することもあり、休日や営業時間は変更される場合があります。ホテル、レストランに掲載した料金には、別途サービス料、税などが加算されることもあります。車でのアクセス時間も渋滞などで大幅に変化することがあるので、あくまで目安としてください。

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2014年春号

完全保存版 陽出づる国より、陽沈む国へ
いつかはモロッコ
Maroc de fantaisie

本体933円
定価980円(~3/31税5%)/価格1008円(4/1~税8%)

2014.03.10(月)

構成・文=大沢さつき
写真=小野祐次
コーディネート=安田薫子

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2014年春号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ