俳優活動とアーティスト活動の関係性

――2010年の昼ドラ「インディゴの夜」で演じたマネージャー・憂夜役も人気を呼びましたよね?

 演出家さんや作品の方向性によっても違いますが、あのときは完全に役を作りこんでいましたね(笑)。大変だったのが、毎回違うハーブティを淹れながら、その解説をするんですが、似たようなワードを覚えなきゃいけなかったこと。頭の中がごちゃごちゃになっていました。あの頃から映像と舞台の仕事はまったく違うものであって、映像の場合は、できるだけ自分で描いて演じないといけないと気付き始めましたね。

――2008年には日本武道館でコンサートを開くなど、当初の目標だった音楽活動も成功させていきます。俳優活動をすることで、音楽に対する考えは変わりましたか?

 これまで通り、今自分が感じることや思うことを曲にしていきたいと思います。シンガーソングライターとか大袈裟なことを言うつもりはないですが、演技で感じた気持ちを曲として生み出せるので、役者もやっていて良かったと思うので、それも糧にして“シンガーソングファイター”でいたいと思いますね。現実ではなかなかなれない職業でも、俳優として演じているときの気持ちで詞を書くことができますから。去年、ボカロ(ボーカロイド)の楽曲を元にしたミュージカル(「音楽劇 千本桜」)に出たんですが、最初はボカロを詳しく知らなかったんです。でも調べると、音楽のジャンルとしてしっかり確立されていて、コアなファンがいる世界でもある。だからこそ、ボカロファンの人にも認められるような舞台を作りたいと思いました。音楽と芝居って常に密接な関係にあると思っていますね。

~次回更新分では、彼にとって新たな挑戦となるミュージカル「レディ・ベス」について、たっぷり語ってもらいます~

加藤和樹(かとうかずき)1984年10月7日生まれ。愛知県出身。俳優としてミュージカル「テニスの王子様」、翻訳劇「罠」、ドラマ「ホタルノヒカリ」などで活躍。一方、2006年にミュージシャン・デビューを果たし、日本武道館のほか、韓国・台湾でもライブを行うなど、精力的に活動。13年から14年にかけては「音楽劇 千本桜」「オセロ」「ロミオ&ジュリエット」「真田十勇士」などの舞台に出演している。また、4月7日より放送の深夜TVドラマ「乾杯戦士・アフターV」(外部サイト)にも出演。

<コンサート情報>
Kazuki Kato LIVE”GIG” TOUR 2014~SING a SONG FIGHTER~
6月6日(金)松山サロンキティ
6月7日(土)福岡BEAT STATION
6月8日(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
6月10日(火)梅田クラブクアトロ
6月11日(水)金沢AZ
6月13日(金)仙台CLUB JUNKBOX
6月15日(日)札幌cube garden
6月18日(水)柏PALOOZA
6月20日(金)Zepp DiverCity TOKYO
6月22日(日)名古屋ダイアモンドホール
※チケットぴあ、ローソン、イープラスでチケット発売中

<衣装協力>
TOM REBL 03-6666-4321
SHELLAC(SHELLAC PRESS ROOM) 03-5724-5687

Photo by Leslie Kee

『レディ・ベス』
16世紀イギリス。ヘンリー8世の王女として生まれたレディ・ベス(平野綾・花總まりWキャスト)は、母が反逆罪で処刑されたため、家庭教師ロジャーらとハートフォードシャーで暮らしていた。ある日、彼女は吟遊詩人ロビン・ブレイク(加藤和樹・山崎育三郎 Wキャスト)に出会い、心魅かれるように。
http://www.tohostage.com/ladybess/
4月13日(日)~5月24日(土)帝国劇場にて上演(4月11日(金)・12日(土)にプレビュー公演あり)
7月19日(土)~8月3日(日)梅田芸術劇場メインホール(大阪)にて上演
8月10日(日)~9月7日(日)博多座(福岡)にて上演
9月13日(土)~24日(水)中日劇場(愛知)にて上演

くれい響 (くれい ひびき)
1971年東京都出身。映画評論家。幼少時代から映画館に通い、大学在学中にクイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作を経て、「映画秘宝」(洋泉社)編集部員からフリーに。映画誌・情報誌のほか、劇場プログラムなどにも寄稿。

 

Column

厳選「いい男」大図鑑

 映画や舞台、ドラマ、CMなどで活躍する「いい男」たちに、映画評論家のくれい響さんが直撃インタビュー。デビューのきっかけから、最新作についてのエピソードまで、ぐっと迫ります。

2014.03.07(金)
文=くれい響
撮影=山元茂樹
スタイリング=立山功

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!