シーカヤックを漕いで美しいパンガー湾へ

 プーケットで人気の遊びといえば、パンガー湾のシーカヤック。プーケット島近郊には多くの離島があるが、なかでもパンガー湾には大小160もの島々が点在し、雄大な景色の中でクルージングが楽しめる。1974年の映画『007 黄金銃を持つ男』の撮影場所になったことで有名なジェームスボンド島や、釘が刺さったような形の奇岩、象の形をした珍しい島、洞窟などを自分で漕ぐカヤックで巡るのは、ちょっとした探検旅行気分だ。

大自然の中をカヤックで巡る。アウトドアもまた、プーケット旅行の楽しみのひとつ。

 プーケットにはパンガー湾ツアーを催行している会社がいくつかあり、ホテルのコンシェルジュやツアーデスクを通して申し込めるものも多い。さまざまなツアーがあるが、エメラルドグリーンの海と雄大なサンセット両方を楽しむのなら、クルーズボートに乗り、1日かけて行くツアーがおすすめだ(ジョン・グレイズ・シーカヌー社が催行)。ツアーボートからカヤックに乗り換え、潮が適当な高さになった時間帯だけ入ることができる洞窟の中を探検したり、沈む夕日を眺めながらボート上でディナーを楽しんだりと、プーケットの海を存分に満喫できる。

カヤックで島や洞窟を探検。潮の流れ、日の当たり方によって同じ海でも違った色に見えるのが面白い。

 正午にホテルを出発、船上でランチを食べながらアクティビティーの注意事項などをスタッフから聞き、最初の島に到着。カヤックに乗り換えて、島の周辺や洞窟の中を探検し、過ごす。カヤックには現地のガイドが同乗するので迷子になる心配もない。ときには、無人島に暮らす野生の動物に出会うことも。日没以降はタイ風の灯籠流しを楽しみ、20時過ぎにツアーを終える――これが、一日のおおまかなスケジュールだ。

左:ポイントまではクルーズボートで移動。ランチとディナーはこの中で。
右:カヤックから、野生のサルを発見!

 日が傾いた後の楽しみは、ロイクラトン(バナナの葉や紙で作った灯籠にろうそくや花を飾りつけたもの)作り。タイには、このロイクラトンを水に流せば、罪や汚れを洗い流せるという言い伝えがある。自分たちで手作りしたロイクラトンは、洞窟までカヌーで移動して、そこで流す。暗闇の中、ほのかなろうそくの灯が水面を流れていく光景は幻想的だ。

左:日没間近の洞窟は幻想的。
右:ガイドにならって作ったロイクラトンを海に流す。

John Gray's Sea Canoe (ジョン・グレイズ・シーカヌー)
所在地 124 Soi 1 Yaowarat Rd, Taladyai, Muang, Phuket, Thailand
電話番号 +66-76-254-505
URL http://www.johngray-seacanoe.com/thailand/

<次のページ> シノポルトガル様式の古き良き街並みを歩く

2014.02.20(木)
文・撮影=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!