キレイになれるばかりではなく、太りにくい体、疲れにくい体づくりにも定評のあるトマトローディング。そのまま食べるのも抜群に美味しいトマトですが、ひと手間かけるとメニューの幅が広がるうえにリコピンの吸収もアップして、さらに効果が期待できます。そこで、トマトローディングを楽しく続けてゆけるように、簡単に作れて美味しいメニューをアスリートフードマイスターの村山彩さんに教えていただきました。今日から早速、試してみませんか?

手軽に出来て美味しい!
トマトローディングメニューの簡単レシピ

ヘルシー!トマトハーブ鍋

 サラダ感覚で食べたい野菜たっぷりの鍋は、トマトの旨味をぎゅっと凝縮したスープが特徴。やや甘めのスープにハーブを加えることで大人仕様にグレードアップするとともに、魚介の臭みを消して、リラックス効果もプラス。高タンパク低脂質で、アスリートやダイエット中の人にもぴったりです。

» レシピを見る

トマトと生姜のスムージー

 生姜で体を温めるスムージーは、冬ならではの美味しさ。トマトのリコピンと人参のカロテンにオイルを加えることで、栄養分の吸収率がぐっとアップします。ハチミツのやさしい甘さと豆乳のタンパク質で、疲労を軽減する効果も抜群。ビタミンで風邪を予防し、免疫力アップの効果も期待できます。

» レシピを見る

トマトかけ豚ハンバーグ

 運動した日や忙しく働いた日のメインディッシュにしたいハンバーグ。糖質の代謝を高めて、疲労回復に効果のあるビタミンB1たっぷりの豚肉と塩麹を使用。玉ねぎと細ねぎが、ビタミンB1の吸収をぐっと高めます。トマトソースは生のトマトよりも味がなじんで、さっぱり美味しく食べやすく。

» レシピを見る

トマトと枝豆の焼きおにぎり

 運動後のゴールデンタイムに手早く疲れを回復させるおにぎりも、トマト味でさらに効果をアップ。ごはんの糖質に枝豆とチーズのタンパク質をプラスし、焼きおにぎりの香ばしさととろけるチーズ、そしてトマトの酸味が疲労時にも食欲をそそります。もちろん、毎日のお弁当にもおすすめ。

» レシピを見る

【eCREAアンバサダーがトマトローディングの魅力を教えてもらいました】

 今回のレシピを紹介してくれた村山さんに、eCREAアンバサダーがトマトローディングでキレイになる秘訣をインタビュー! トマトスムージーを飲みながら2人が聞いた、驚きのリコピンパワーとは!?

» 詳細記事はこちらから

教えてくれたのは……アスリートフードマイスター 村山彩さん

 日本初のアスリートフードマイスター、食欲コンサルタント、野菜ソムリエ。自身のトライアスリートとしての経験と知識を活かしてテレビや雑誌、ラジオなどで活躍する。プロのアスリートはもちろん、アマチュアランナーへの食事・運動指導なども行う。学びのマーケットプレイス「Adams Campus」を主宰し、2013年12月に『あなたは半年前に食べたものでできている』(サンマーク出版)を上梓。「Adams Campus」URL http://adamscampus.com/

<次のページ> 『トマトローディング』レシピ

2014.02.12(水)
嵯峨崎文香=取材・文
中井菜央=撮影

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!