Magnificent View #116
レギスタン広場(ウズベキスタン)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 大部分の日本人にとって、ウズベキスタンという国名を耳にする機会といえば、サッカーワールドカップのアジア予選の時ぐらいではないだろうか。

 中央アジアに位置するこの共和国は、1991年までは旧ソビエト連邦の一員だった。国民の9割はイスラム教を信仰し、各地に印象的なムスリム建築が存在する。

 シルクロードの交差点と呼ばれた古都、サマルカンドのレギスタン広場もそのひとつ。

 砂地という意味の名を持つこの広場を囲むのは、3つのマドラサ、つまりイスラム神学校だ。タイルやラピスラズリの装飾が美しい3つの建物が揃ったのは、17世紀半ばのこと。

 サマルカンド名物の澄みきった青空とモスクの青いドーム、ふたつの青が相まって、最高の景色を作り出している。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2014.01.24(金)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!