Magnificent View #112
ケルン大聖堂(ドイツ)

(C) Atlantide Phototravel / Corbis / amanaimages

 ライン川中流に位置するケルンは、ローマ帝国が設けた植民地として以来の歴史を誇る古都。ケルンという地名自体、ラテン語で植民地を意味する言葉に由来する。

 この街の象徴が、ケルン大聖堂。世界遺産である。

 その歴史は遠く4世紀にまでさかのぼるが、高さ157mにもおよぶファサードの双塔が完成したのは1880年のこと。この聖堂の建設には、ナポレオン戦争以降、ドイツ国民の間に勃興したナショナリズムが色濃く影を落としている。それゆえ、ゴシック・リバイバルを代表する見事な堂宇が生まれたのだ。

 手前に立つ近代的な鉄道駅とのコントラストは、あまりにフォトジェニックだ。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2014.01.20(月)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!