はるまき日記 偏愛的育児エッセイ

瀧波ユカリ

瀧波家の娘「はるまき」が寝たきり乳児から走り回り乳幼児になるまでを綴った『はるまき日記』。本書には、子育てものに欠かせない「かわいい!」や「超共感!」が存在しない代わりに、スリル満点のおむつ替えや新しい授乳法、赤子接吻問題などさまざまな事件が…。爆笑の育児エンタメ・ノンフィクションの一部をご紹介!!

─── 2011年9月2日(金)

 祝! はるまき1歳! とりあえずふりかけごはんの上に「1」の形に切り取った海苔を載せて祝福。本人まったく気に留めず。
 円山動物園に行く予定だったのだが、あいにく台風の影響でずっと雨。日中は室内でいつもどおりにだらだらと過ごす。夜はホットケーキにヨーグルトと果物でデコレーションしたバースデーケーキもどきで祝福。はるまきを新聞紙の上に座らせ、目の前にケーキを置くとさっそく手を伸ばして食べ始めた。これははるまきのために作られたケーキであり、誕生日プレゼントでもあるので、両手でぐちゃぐちゃにかき回そうが果物を放り投げようが、親が口を出すことではない。はるまきは取り憑かれたように遊び、口から足までヨーグルトまみれにして食べた。そして時々私や夫の口に、べたべたの手で果物を入れてくれた。

─── 2011年9月3日(土)

 はるまき、ついに直径80㎝くらいのちゃぶ台を手押し車の代わりにしてずんずん移動。ぼうっとしているとちゃぶ台にはねられる危険な家になってしまった。椅子かちゃぶ台さえあれば歩行できてしまうので、今のところ2本足で歩く気がさらさらないようだ。でもそのうち歩き出すはずだし、面倒なので特に指導はしない。
 相変わらず親の口に食べ物をおすそわけするブームは続いている。入念に咀嚼(そしゃく)したのち口から取り出し、私の口へ放り込むのが今日の方式のようだ。いくら赤ん坊といえども、人が口の中でぶちゅぶちゅにした食べ物を食べるのはちょっと辛いものがある。これは嫌がらせなのか? しかし夫は「食べやすいように柔らかくしてくれているんだよ。優しい子なんだよ」とはるまきの肩を持つ。

─── 2011年9月4日(日)

 はるまきをベビーカーに乗せて子育て支援センターへ遊びに向かっていると、向こうからエビフライが中年女性に連れられて歩いてくる。正確に言うとエビフライの着ぐるみだ。エビフライの衣とも言える。一体何者なのかまったくわからなかったが、街を歩いていてエビフライに会えることもそうなかろうと思ったので、中年女性に了解を得てはるまきとエビフライのツーショット写真を撮ることにした。かたやおどけたポーズでベビーカーの横に立つエビフライ。かたやシュウマイのように顔をくしゃくしゃにして怯えるはるまき。今にも泣き出しそうだったが、はるまきなりにエビフライに気を使ったのかなんとか耐えきった。
 帰宅後に調べたところによると、エビフライはフラちゃんという名前で、企業や団体のキャラクターではなくどうやら個人で活動しているらしい。そして別に食品としてのエビフライを推しているわけでもないっぽい。ネットでいくら検索してもフラちゃんの目的はまったくもって不明。営利目的ではない着ぐるみが存在し、自由に街を闊歩(かっぽ)しているというのは驚きだ。札幌という街の底が知れない。

    1 / 3

瀧波ユカリ 近況

私の実家で祖母(私の母)から「コンビニでカゴに入れた物をなんでも買ってもらえる」という夢のような権利を得たはるまき。あまりの嬉しさに動転したのか、全く興味のない「アイカツ!」のカードとキーホルダーに飛びついていました。
2月6日にちくま書房より新刊が出ます。『女は笑顔で殴りあう〜マウンティング女子の実態』という犬山紙子さんとの対談本です。「私のほうが立場が上!」と態度や言葉で示す女同士の戦いについて、思いっきり自戒をこめて語り尽くしました。女友達によくモヤッとする方は是非読んでください!

プロフィール

1980年北海道札幌市生まれ。漫画家。日本大学藝術学部写真学科卒業。2004年『臨死!! 江古田ちゃん』でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。著書に漫画『臨死!! 江古田ちゃん 』(講談社)、エッセイ『はるまき日記』(文春文庫)、 『女もたけなわ』(幻冬舎文庫)、『オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。』(文藝春秋)、『あさはかな夢みし』(講談社)など。

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ