穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

きび入り玄米リゾット

 七草粥はお正月に疲れた胃腸を整えるための習慣とも言われていますが、今の食生活は昔に比べて毎日がご馳走のようなもの。そのため常に胃腸はお疲れモードです。この時期だけでなく、普段の胃腸のお手当食にぜひ加えてほしい、きび入りの玄米リゾットをご紹介します。

【旬の食材】 きび

マクロビレシピの主材料きびの説明

「きび」はエジプトやインド、ギリシャなど文明の開けた地で早くから栽培されていたもっとも古い作物の一つです。古代中国では「黄米」と言って最高級の主食とされ、また地酒の原料ともなりました。現在でも200gで500円程度と決して安い食材ではありませんが、同じイネ科のヒエと並んで体を温めてくれる頼もしい食材です。

 また胃弱、胃下垂、胃潰瘍などの様々な胃腸のトラブルにいいと言われています。

 何より「桃太郎」のきび団子で知られるように、皆がお団子にひかれてホイホイついていきたくなるくらい美味しい食材なのです。

<次のページ> 「きび入り玄米リゾット」マクロビレシピ

2014.01.12(日)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!