はるまき日記 偏愛的育児エッセイ

瀧波ユカリ

瀧波家の娘「はるまき」が寝たきり乳児から走り回り乳幼児になるまでを綴った『はるまき日記』。本書には、子育てものに欠かせない「かわいい!」や「超共感!」が存在しない代わりに、スリル満点のおむつ替えや新しい授乳法、赤子接吻問題などさまざまな事件が…。爆笑の育児エンタメ・ノンフィクションの一部をご紹介!!

───2010年12月1日(水)

 祝! はるまきがミルクを15㏄飲んだ。年末の忘年会ラッシュ(私の)に向けて、この調子でぐいぐい飲むようになってほしい。もしミルクで1日もつようになれば、私もぐいぐい飲めるのだ。ああ、酒よ。

 しゃぶり欲がすさまじいので、amazonで探してみたら出るわ出るわ 有象無象のしゃぶられ玩具

 まず目に入ったのが「なめられ太郎」。まるでいじめられっ子のあだ名だ。全員からなめられてるのにエヘヘ……エヘヘ……と笑っている、クラスに一人はいるタイプだ。

 非常に簡素な形の顔と胴と四肢で構成されているが、特筆すべきは頭部が乳首型になっていることである。まさになめられるために生まれてきた男・なめられ太郎。頭を変形させてまでなめられたい男・なめられ太郎。今日もamazonの倉庫でまだ見ぬ主人になめられる日を待っている。

 次に気になったのが「イカすカミカミ」。白いシリコンでできているイカ型の歯がためだ。イカは蝶ネクタイを締めて口笛を吹いている。なめられ太郎とは対照的に、人生をかなりなめている風情だ。パッケージには「嚙んだだけ頭も良くなる」と書いてある。ということは、居酒屋でするめを嚙んでいるオヤジ達は実は恐ろしくハイスペックな頭脳の持ち主だということか? いや、今から遅れを取り戻そうとしているのかもしれない。

───2010年12月3日(金)

 はるまき、ひざの上に座ってテレビを見るのが最近のお気に入り。野放図に見せ続けていたら海老蔵にばかりくわしくなってしまうので(世間は市川海老蔵が殴っただの殴られただので大盛り上がり)チャンネル選びは重要だ。夕方は一応、『お○○さんといっしょ』を一緒に見るのだが、あのおにいさんとおねえさんとかいう奇妙な存在についていくのがかなりつらい。まずおにいさんとおねえさんはいつも並んで一緒にいるのに、二人の関係性が見えてこない。不気味だ。二人とも異常に陽気だが、会話する時も目線は常にカメラを追っていて、お互い目を合わせることはほとんどない。昨日うっかりやってしまって気まずいのか。

 そんなおにいさんとおねえさんのまわりには20人ほどの幼児が配置されて、全然知らないような歌を聞かされ、手をぐるぐる回せだのハイハイしろだの命令されることに8割が心底うんざりしており、毎回全く盛り上がっていない。言われるままに無邪気に動く2割の子供がバカに見えてくる。こんな胡散臭い男女にのせられて、これからの人生大丈夫か。そんなことを思いつつも、はるまきは食い入るように見ているので、私も見ないわけにはいかない、『お○○さんといっしょ』。

    1 / 4

瀧波ユカリ 近況

絶賛反抗期中のはるまき。風呂や着替えやトイレをことごとく拒否します。「じゃあお母さんが先にトイレ入る~♪」と私が言うと、今度は絶叫しながら邪魔してくるので、ものすごく面倒くさい。気付けば何かを背負い投げする映像を頭の中で何度も再生していて、人間の鬱憤の晴らし方はいろいろだなあと感心させられます。ちなみに、背負い投げしている「何か」のビジュアルは透明なゲルみたいなやつです。

プロフィール

1980年北海道札幌市生まれ。漫画家。日本大学藝術学部写真学科卒業。2004年『臨死!! 江古田ちゃん』でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。著書に漫画『臨死!! 江古田ちゃん 』(講談社)、エッセイ『はるまき日記』(文春文庫)、 『女もたけなわ』(幻冬舎文庫)、『オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。』(文藝春秋)、『あさはかな夢みし』(講談社)など。

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ