冬のオーストリア クリスマスをめぐる浪漫旅行

冬のオーストリア クリスマスをめぐる浪漫旅行

まるでメルヘンの国!
ザルツブルクのクリスマス

 モーツァルトの故郷としても有名なザルツブルク。雄大な山々や美しい湖に囲まれた街は、かの名作『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台にもなりました。シンボルは街を見守るようにそびえる白亜のお城、ホーエンザルツブルク城塞。古きよき時代の面影を残す旧市街の街並みは、まるでメルヘンの世界です。今回は乙女心をくすぐりまくるザルツブルクのクリスマスをご紹介します。

古城が見守る美しい街、ザルツブルクをお散歩

小高い丘に建つホーエンザルツブルク城塞。お城まではケーブルカーで登れます。夜景も絶景!

 ウィーンから特急列車で2時間40分ほど。ザルツブルクはドイツとの国境近くに位置する街です。ザルツブルクとはドイツ語で「塩の城」という意味。良質の岩塩がとれる山が多いザルツブルクは、塩の貿易で繁栄してきた街なのです。街は中心を流れるザルツァッハ川を境に旧市街と新市街に分かれています。世界文化遺産にも登録されている旧市街には街のシンボルでもあるホーエンザルツブルク城塞や、かつて街を統治していた大司教が暮らした宮殿、大聖堂など、壮麗なバロック建築の数々が立ち並び、街並みはメルヘンの世界そのもの。ぶらぶらとお散歩するだけで、乙女心がくすぐられます。

ホーエンザルツブルク城塞
所在地 Mönchsberg 34, 5020 Salzburg
電話番号 +43-662-8424-3011
URL http://www.salzburg-burgen.at/de/hohensalzburg/
開場時間 9:30~17:00(5月~9月9:00~19:00)
※クリスマスイブの約4週間前の各土曜日・日曜日・祝日は18:00まで
定休日 無休

大司教の宮殿レジデンツ前に待機している馬車。馬のコートまでレトロでかわいい……

 さらにメルヘン度をアップしたいなら、旧市街から出るケーブルカーに乗って、ホーエンザルツブルク城まで登るのがおすすめ。粉砂糖のような雪をまとったザルツブルクの街並みはため息ものです。クリスマスシーズンには城塞の展望台にホットワインのスタンドも設置されますので、ぜひ出かけてみてください。

 さて、とても立派なホーエンザルツブルク城塞ですが、これはかつてザルツブルクを統治していた大司教が、戦争や動乱が起きたときに避難する場所でした(だから丘の上にあるんですね)。大司教が平時に暮らしていた住居はレジデンツと呼ばれる宮殿で、こちらも旧市街に残されています。もちろん見学可能で、なかには6歳のモーツァルトが初めて大司教の前で演奏を行ったというお部屋もあります。現在でもレジデンツのお部屋を使った演奏会が行われているので、中世の演奏会の雰囲気を味わいたい人は、要チェックですよ!

所在地 Residenzplatz 1, 5020 Salzburg
電話番号 +43-662-80422690
URL http://www.salzburg-burgen.at/de/residenz/
開場時間 10:00~17:00
定休日 3月15日~4月10日、12月24日

レジデンツ広場のクリスマスマーケットは大賑わい。ご当地グルメが集結します

 さて、まだまだお散歩は続きます。レジデンツから歩いて数分、ザルツァッハ川のほとりにはモーツァルトが生まれ、17歳まで暮らした生家が博物館として残されています。モーツァルトが幼少期に愛用していたバイオリンや、6歳のときに書いた楽譜(現存するものでは最古)など、音楽好きにはたまらないお宝がたくさん! 家の内部もモーツァルト一家が住んでいたときのまま保存されているので、当時の暮らしぶりが伝わってきて興味深いですよ。

 もちろん、ザルツブルクでもクリスマスマーケットは見逃さないでくださいね。旧市街ではレジデンツ広場、ドーム広場、新市街ではミラベル広場など、歩いてはしごできるマーケットがたくさんあるので、お散歩がてら出かけてみてください。

レジデンツ広場のクリスマスマーケット
所在地 Residenzplatz, Salzburg
電話番号 +43-662-8302150
URL http://www.christkindlmarkt.co.at/
開催期間 12月26日(木)まで
10:00~20:30(月~木)、10:00~21:00(金)、9:00~21:00(土)、9:00~20:30(日祝)
12月24日(火)は9:00~15:00
12月25日(水)・26日(木)は11:00~18:00

<次のページ> 子どもと楽しむ、体験型クリスマスマーケット

2013.12.20(金)

小林百合子=取材・文
田部井朋見=写真

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ