越中とやまの食ロードを巡る旅

越中とやまの食ロードを巡る旅

砺波のソウルフード。
ご飯がすすむ「よごし」の素朴さ

越中とやまの「食」を巡る

 寒くなると、富山はおいしくなる。寒ブリ、ズワイガニ、かぶら寿し。でも、今はまだ秋。冬の到来を待ちきれなくなった女性二人組は東京を発って、ひと足早く富山へと向かった。そこで出会った富山ならではの「自然の恵み」と「大地の実り」。越中とやまの食ロードを辿る旅が始まる。

» 2015年春、北陸新幹線開業富山を味わう、富山に酔う
» [握(にぎる)] 天然の生け簀富山湾から届く極上のネタを堪能
» [〆(しめる)] 昆布で〆る。北前船が運んできた「食」文化
» [獲(とる)] 氷見の寒ブリがおいしい理由は定置網漁法にあり
» [栽(うえる)] 庄川が育む大地の実りが砺波平野を彩る
» [漬(つける)] 南砺で見直した麹のチカラ。伝統の発酵食で身体をリセット
» まだまだあります。とやまの「食」

今回のテーマは「和(あえる)」

<となみ散居村ミュージアム>御膳に並べられた「よごし」の数々。「とやまのおいしい朝ごはん」事業に参加している砺波の宿では、朝ごはんに「よごし」が出る。砺波地方の伝統的家屋に宿泊して散居村での生活を実際に体験できる、砺波市定住体験施設「佐々木邸」も用意されている

 富山出身の友人から、ご飯の友にぴったりの「よごし」という家庭料理が砺波にあると聞かされた。いったいどういう料理なんだろう? どこで食べられるんだろう? 困り果てて「となみ散居村(さんきょそん)ミュージアム」で聞いてみた。「それだったら、ちょうど今、卯月(うづき)の会のみなさんが勉強会をやってますよ」。ミュージアムの天川裕文さんが教えてくれた。

<めん食堂 川なべ>夏の暑い盛り、砺波の家庭では、ナスとニシンと素麺を一緒に煮込んだものを冷やして食べていたという。半生の大門素麺を使って、その味を再現したオリジナル麺。これも砺波のソウルフードだ

 調理場では、5、6人の女性たちが楽しそうに手を動かしている。代表の境嘉代子さんに聞いた。「野菜の葉や茎をゆでて細かく切り、味噌で味付けしたもので、大根菜やナスなどいろいろな素材で作ります。野菜が手に入らなくなる冬場の保存食として、里芋の葉を乾燥させた“いもじ”のよごしもありますよ。どれも昔からの生活の知恵なんです」。それが失われていくのはもったいないと、卯月の会ではレシピを作って配ったり、学校で子どもたちに教えたりしている。ゴールデンウィークの日曜日と祝日には、散居村ミュージアムで料理の提供も行っているそうだ。「よごし」とは野菜を味噌で「汚す」という意味らしい。小鉢に盛られた「よごし」は見るからにおいしそう。炊き立てのご飯にのせて食べると、懐かしい味がした。

となみ散居村ミュージアム
所在地 砺波市太郎丸80
電話番号 0763-34-7180

めん食堂 川なべ
所在地 砺波市三郎丸331-1
電話番号 0763-33-5632

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2014年冬号

特集 泣かせるプラハ
Unforgettable Praha

定価980円(税込)

2013.12.10(火)

志水 隆=写真
編集部=文
関 幸子=プロデュース
富山県・富山市・氷見市・高岡市・砺波市・南砺市=協力

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2014年冬号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ