今日の絶景

今日の絶景

4000本を超えるカエデが
一斉に色づく香嵐渓の見事な秋

Magnificent View #039
香嵐渓(愛知県)

(C) Mitsushi Okada / orion / amanaimages

 香嵐渓。何とも風雅な名である。

 愛知県豊田市を流れる巴川が形作ったこの渓谷は、東海地方でも屈指の紅葉の名所。大正から昭和にかけてここに植えられたカエデの本数は、実に4000本を超えるという。シーズンともなれば、愛知のみならず、近県からも多くの人々がもみじ狩りに訪れる。

 香嵐渓が輝きを放つのは、秋だけにとどまらない。3月下旬から4月上旬にかけてはカタクリの花が咲き誇る。薄紫の絨毯を敷き詰めたがごとき景観もまた必見である。

 第58回を迎えた2013年の「香嵐渓もみじまつり」は、12月1日(日)まで開催されている。期間中は、日没から21時にかけて紅葉がライトアップされるというから楽しみだ。

2013.11.08(金)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ