日本から約3時間30分でこんな場所、あります

日本から約3時間30分でこんな場所、あります

思い立ったらすぐ楽園! 
マリアナの休日

日本から約3時間30分でこんな場所、あります。
この海を見るために、ヴァカンスとりました!

 思い立ったらすぐ行ける、日本からアクセス抜群の異国の楽園・北マリアナ諸島。この美しい海に癒やされたいと思ったら、プチ休暇をとって出かけてみよう!

 北マリアナ諸島の魅力を5回にわたってお届けします!

» 第1回 マリアナは感動のサンクチュアリ!
» 第2回 小さな島にわたれば、素敵なことがいっぱい! マニャガハ島
» 第3回 小さな島にわたれば、素敵なことがいっぱい! テニアン島
» 第4回 人気リゾートホテルで麗しのラグジュアリー体験
» 第5回 おいしいものは、サイパン島にあり!

すべての人を歓迎する楽園アイランド!

「こんなに透きとおる青い海があったなんて!」。太陽の光を浴びて宝石のようにきらめく緑青の海と珊瑚の砂浜。その美しいコントラストを目にした瞬間、誰もがこの島を訪れてよかったと実感する。それが、サイパン、テニアン、ロタをはじめ14の島々からなる北マリアナ諸島だ。

 その中心となるのが空の表玄関、サイパン。島内には、心からリラックスできるリゾートホテルのほか、ヴァカンス気分を満喫できるカフェやレストラン、そして高級ブランドのお買いものが楽しめるDFSギャラリアをはじめとしたショッピングスポットも多彩。小さな島に素敵なことがぎっしり満載されている。

 しかも日本から約3時間30分。何もかもを忘れて心をスッキリさせたい、家族との楽しい思い出をつくりたい、そして大切な人とロマンティックに過ごしたい……そんなすべての人にとって、北マリアナ諸島は理想的な楽園なのだ。

【北マリアナ諸島の基本情報】

 一年を通じて気温の変化がほとんどなく、平均気温は27℃。常夏の楽園なのでいつでもマリンアクティビティを楽しめるほか、ゴルフをはじめとしたスポーツも満喫可能。雨季は7~11月、南国特有のスコールだから、すぐに止むので心配しなくて大丈夫。なお、アメリカ合衆国の自治領だが、旅行前にESTAの申請は不要。

名称:北マリアナ諸島
首都:サイパン
時差:日本時間+1時間
言語:英語、チャモロ語、カロリニアン語(観光スポットでは、日本語案内も多い)
通貨:USドル(1USドル≒100円/2013年8月現在)

マリアナは感動のサンクチュアリ!

 リゾートホテルのビーチだけじゃない、島の魅力をご紹介しましょう。

» 記事を見る


小さな島にわたれば、素敵なことがいっぱい! マニャガハ島

 マリアナに来たら、サイパンから足をのばして近くの島もぜひ訪れてみたい。島ごとに異なる個性を満喫する、“ちょい足しツアー”はいかが!? ここに行けば、やりたいことが全部できる、マニャガハ島。

» 記事を見る


小さな島にわたれば、素敵なことがいっぱい! テニアン島

 マリアナに来たら、サイパンから足をのばして近くの島もぜひ訪れてみたい。島ごとに異なる個性を満喫する、“ちょい足しツアー”はいかが!? 何もないから癒されるとっておきの楽園、テニアン島。

» 記事を見る


人気リゾートホテルで麗しのラグジュアリー体験

 マリン・アクティビティのほか、ゴルフやトレッキングなど楽しいことがいっぱいのマリアナ。目的に合わせて、ホテル選びはとことんこだわりたい!

» 記事を見る


おいしいものは、サイパン島にあり!

 昔ながらのローカルフードから、いかにもアメリカンな豪快ステーキやスウィーツまで、サイパンには、一度は試しておきたい美味もいっぱい。

» 記事を見る

【もっと北マリアナ諸島を知りたい!】

 北マリアナ諸島に関する資料がほしい、渡航に際してわからないことがある、リアルタイムの最新情報が知りたい……、そんなときにはマリアナ政府観光局の日本語公式ウェブにアクセス。島の歴史からホテルやアクティビティの情報まで満載しているので見ごたえ十分、簡単に資料請求も可能。もちろん、電話でのお問い合わせも大歓迎!

マリアナ政府観光局・日本事務所
電話番号 03-3225-0263 (9:30~12:00、13:00~17:00 土・日・祝は休み)
URL japan.mymarianas.com

<次のページ> マリアナ諸島へは、デルタ航空で

2013.09.10(火)

photographs:Akiko Fukuchi
text & realization:Shojiro Yano
design:Shiraishi Design Office

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2013年秋号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ