進化する森・山宿の寛ぎ方教えます!

進化する森・山宿の寛ぎ方教えます!

森・山宿の寛ぎ方(5) 
四国・九州篇

 木々や風、太陽の光、闇、すべてを取り入れ自然を意識せざるを得ない森と山に囲まれた宿。

 それぞれのクリエイターたちに新しい休日の寛ぎ方を教わりました。そこには計算し尽くされた贅沢なこだわりがたくさんありました。今回は四国・九州の宿です。

» 第1回 東京
» 第2回 東北
» 第3回 信越
» 第4回 東海・近畿

木屋旅館
[愛媛・宇和島]

畳を外して透明アクリル床に替えたり、天井を抜いて屋根の架構を見せたりと、“引き算”でリプロデュースされた空間

“ほったらかし”が心身を解放してくれる

 緑深い森と渓谷の地、宇和島で、1911(明治44)年の創業以来、数々の政治家や文人に愛されてきた木屋旅館。残念ながら一時は廃業となったこの名宿が、2012年、まったく新しい滞在施設としてよみがえった。その特徴を一言でいうなら、心地よい「ほったらかし感」。1棟を最大8名まで1組限定で借りきり、好きなように過ごすことができるのだ。何しろ2階客室の床は透明のアクリル、その上部は天井を外した垂直の空間が広がり、さらにスクリーンとLED照明によって客室が七色に変化するなど、空間自体がエンタテインメント性抜群。また、渓谷を巡るキャニオニングや釣りなどのアクティビティも充実。心身を思いきり解き放つ時間が、宇和島で待っている。

左:スクリーンで客室が七色に
右:浴室のデザインもアーティスティック

プロデューサー 岡田光さん
 宇和島は歴史も自然も豊かな土地。木屋旅館は、その宇和島の魅力の発信基地です。木屋旅館に泊まるというより、「宇和島に泊まる」という衝動で滞在していただきたいですね。

木屋旅館
住所 愛媛県宇和島市本町追手2-8-2 
電話番号 0895-22-0101
URL kiyaryokan.com
料金 施設利用料¥21000+1人あたりの利用料¥5250
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00 
客室数 5(大広間1、和4)
施設 カフェ&ショップ「とことこ」

<次のページ> [大分・久住] レゾネイトクラブ くじゅう

2013.06.13(木)

text:Giraffe
photographs:Mami Yamada

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2013年7月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ