進化する森・山宿の寛ぎ方教えます!

進化する森・山宿の寛ぎ方教えます!

森・山宿の寛ぎ方(2) 
東北篇

 木々や風、太陽の光、闇、すべてを取り入れ自然を意識せざるを得ない森と山に囲まれた宿。

 それぞれのクリエイターたちに新しい休日の寛ぎ方を教わりました。そこには計算し尽くされた贅沢なこだわりがたくさんありました。今回は東北の宿です。

» 第1回 東京
» 第3回 信越
» 第4回 東海・近畿
» 第5回 四国・九州

角館山荘 侘桜
[秋田・角館]

ミシュラン店「分とく山」の技と心でおもてなし。素材の味を引き出し、手間ひまかけた体に優しい料理が供される

あの名店のもてなしを美しい里山で堪能

 角館の奥座敷・門屋は、およそ800年前、戸沢氏によって門屋城が築かれた地。長い歴史と美しい自然を有するこの場所に静かな佇まいを見せるのが、「角館山荘 侘桜 (かくのだてさんそう わびざくら)」だ。茅葺古民家を移築した趣ある空間、お肌に優しい温泉やエステもさることながら、宿泊客の心をとらえてやまないのはその料理。企画演出を手がけているのは、なんとあの「分とく山」の総料理長、野﨑洋光さんなのだ。「じゅんさいの牛肉しゃぶしゃぶ」のように四季折々の地の食材を生かした料理には、名店の卓越した技ともてなしの心がぎゅっと凝縮されている。日本人の心の故郷にも似た静謐な里山で、美意識に満ちた宿に憩い、美味なる一夜を過ごす。これ以上の贅沢があるだろうか。

希少なpH9.6のアルカリ単純温泉が全室に

「分とく山」総料理長 野﨑洋光さん
 角館という地に根づいた食を継承し、かつ新たな要素を取り入れながら、「侘桜」ならではの食の文化を作りあげていきます。とくに地野菜のすばらしさをご紹介したいですね。

角館山荘 侘桜
住所 秋田県仙北市西木町門屋字笹山2-8
電話番号 0187-47-3511
URL wabizakura.com
料金 ¥34000~
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00 
客室数 10(和3、和洋5、ダイニング付き和洋2)
施設 囲炉裏ラウンジ、バー、星見台など

<次のページ> [宮城・蔵王] ゆと森倶楽部

2013.06.08(土)

text:Giraffe
photographs:Mami Yamada

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2013年7月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ