北端から南端までの約1650キロに、美味しさと楽しさがぎっしりと詰まった玉手箱、それがタイである。

 なかでも世界トップクラスのリゾート、サムイ島の魅力を2回に渡り紹介。今回はサムイ島のシンボル、ビッグブッダとショッピング情報。

» 第1回 ホテル情報

 躍進リゾートのサムイ島。各ビーチには土産物店を含めさまざまなショップが軒を連ねる。ただ、ちょっと残念なのが急進リゾートなだけに、ショップの入れ替わりがとても激しい。そんな定着の難しいサムイ島で、長いことお洒落なものを提供し続けている2軒を紹介しよう。サムイ島らしさを感じさせるファッションアイテム。ジュエリーショップとセレクトショップの2店だ。島のシンボルの寺にも、ちょっと寄ってね。

サムイ島の魅力

サムイの大仏ならぬビッグブッダにお参りを

右:面長のビッグブッダは、ツーリストだけでなく、地元の人にも愛されていて、毎日参拝する人が後を絶たない

 サムイ島のシンボルであるビッグブッダは、空港から約3kmのところ、陸続きの小さなファン島に建立されている。寺院に祀られているビッグブッダは高さ12m。だいたい鎌倉の大仏と同じくらいの大きさだ。正式にはワット・プラヤイ、プラヤイ寺にある。ここから5分ほどのプライ・レーム寺に足を延ばすと、やはりメガ級の白い千手観音を拝むことができるので、どうぞ。

人工湖に浮かぶプライ・レーム寺の本堂と千手観音。日本の古色の仏像を見慣れているとテーマパークのような趣だ

【Access】
 サムイ空港の北に位置するビッグブッダ。ナパサイからは車で約20分。フライト前にちょっと寄り道すれば行ける場所なので至便。

<次のページ> メインビーチのチャウエンへ

photographs:Yuji Ono

この記事の掲載号

タイ王国に憩う。

CREA Traveller 2013年春号

黄金のリゾートめぐりと、最新バンコク完全ガイド
タイ王国に憩う。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2013年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。