コスタ・デル・ソルはアンダルシアの地中海沿岸、タリファからアルメリアのガタ岬までを指す。温暖な気候で、美しい海岸線をもつこの辺りは、早くからインターナショナルなリゾートとして知られてきた。さんさんと光降り注ぐ“太陽の海岸”だ。

 ゴージャスなリゾートホテルの並ぶ海沿いの街。アンダルシアの白い村のキュートさを知らしめたのも、コスタ・デル・ソルだった。大きな港、小さな漁港。この海岸にはさまざまな顔がある。

 今回紹介するのはキュートな白い村として知られるカサレスと、コスタ・デル・ソルきっての超高級リゾート地マルベージャ。

» 第2回 小さな港街エステポナのラグジュアリーホテル
» 第3回 マラガで必見! ピカソ美術館

代表的なアンダルシアの白い村
Casares (カサレス)

【Access】 マラガから車で約110km

人口5000人ほどの小さな村は、よく見ると新しく建てられた白い家もいくつか。静寂の中にも営みが……

 海岸線から、風力発電の風車連なる山に向かうこと30分。ユリウス・カエサルが名の由来といわれる村、カサレスは代表的なアンダルシアの白い村。まばゆいばかりの“白”とひっそりとした佇まいが、旅情をそそる。

左:なぜかしら猫の多い白い村。村の風景にアクセントをつけるかのように、ハイ、ポーズ
右:ここカサレスには、アンダルシアのプエブロス・ブランコス(=白い村)に憧れて、住み着く外国人が、たくさんいるとか。鄙びた感と、対照的に明るい白さと。そんなコントラストに惹かれるのかな?

キュートな街は、超高級リゾートなり
Marbella (マルベージャ)

【Access】 マラガから車で約60km

左:オレンジ広場から次ページのオリーブオイル専門店に向かうヌエバ通り。ブーゲンビリアの花が見事だ
右:マルベージャの通りで見つけたフラメンコのタイル。白壁に映えるカラフルな絵柄が楽しい

 シエラ・ブランカの山並みに守られた、湾の奥に位置するコスタ・デル・ソルきっての超高級リゾート。旧市街のオレンジ広場などこぢんまりとキュートな場所も多いので、ぶらぶらと散策するのは楽しい。

<次のページ> 70種も試飲できるオリーブオイル専門店

photographs:Yuji Ono
realization & text:Satsuki Ohsawa
coordination:Terumi Moriya

この記事の掲載号

熱愛スペイン。

CREA Traveller 2013年冬号

アンダルシアと太陽の海岸、そしてマドリードへの誘い
熱愛スペイン。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2013年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。