中世のロマンスにあふれたグラナダ

中世のロマンスにあふれたグラナダ

アルハンブラの森に立つ老舗ホテル

 シエラ・ネバダ山脈に守られ、「アンダルシアの宝石」アルハンブラを擁するグラナダは、エキゾティックで神秘的で官能的。19世紀ロマン主義の理想郷だったとされる。自然に恵まれ、中世のロマンスにあふれた異国趣味は、もちろんいまでも旅人の憧れだ。

 レコンキスタ終焉の地は、滅びゆくイスラム王国の栄華を最後に伝え、陽の沈まぬスペイン帝国はじまりの地でもある。

 グラナダの、アルハンブラ、ホテル、タウン情報を3回に渡り紹介。今回はホテル。

» 第1回 「アンダルシアの宝石」アルハンブラ
» 第3回 アラブ街にて、グラナダ堪能

オテル・アルハンブラ・パラス
アルハンブラの森に立つ老舗ホテルでエキゾティックな滞在を

アルカサバから見た、森の中のホテル

 アルハンブラに向かう坂の中腹に立つこのホテルは、アルハンブラと同じく赤い宮殿。内部の装飾も“パラス”の名に恥じない、見事なイスラム様式を披露してくれる。とくにラウンジの壁面を埋め尽くすスタッコは素晴らしく、その精細な装飾は、本家アルハンブラでの感動を思い返すのに理想的だ。

 1910年に創業したホテルは、落成式に国王アルフォンソ13世が臨席したという、由緒をもつ。以来、現在までサン・ペドロ公爵家所有のホテルであり、スペインで2番目に古いホテルなのだ。

左:ラウンジ脇にあるバーカウンター。双頭の鷲は、オーナー公爵家の紋章だ
右:ダイニングに見えた光のマジック

 キャリアの長いスタッフも多い。看板バーマンのペペは勤続40年、ゲストに愛されつづけている。

 とはいってもホテル。客室は2008年にリノベートされ、水回りなどの内部設備は11年にリフォームを終えた。愛すべきクラシックと好ましきモダン。落ち着いているがファンクショナルな仕様となっている。

<次のページ> カラヤンからレニー・クラヴィッツまで

2013.01.20(日)

photographs:Yuji Ono
realization & text:Satsuki Ohsawa
coordination:Terumi Moriya

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2013年冬号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ